Oracle E-Business Suite

  • 会計
  • ERP

Oracle E-Business Suiteの概要

Oracle E-Business Suiteは財務会計アプリケーションを中心とした統合アプリケーション・スイートで、企業の適切な意思決定、コスト削減、パフォーマンスの向上に寄与します。

特に財務会計アプリケーションは、リリース当初から『複数帳簿管理』、『ユーザが設定可能な残高管理項目と摘要項目』といった他にはない強みを有しており、グループ経営を志向する企業の会計統合、経営管理情報の高度化に最適なシステム基盤です。

IFRS適用でクローズアップされている複数会計基準への対応についても、複数帳簿・自動仕訳機能によって対応可能です。

拡張性という視点では、Oracle Hyperion Solutionとの連携による高度な経営管理システムの構築事例や、ISID製STRAVISとの連携による連結経営管理システムの構築事例など、多数存在します。

ISIDが提供するOracleEBSグループ統合会計ソリューション

ISIDではOracle E-Business Suite財務会計の特長を生かした、独自のグループ統合会計ソリューション「Premium for Oracle Financials」を提供しています。

ISIDが提供するOracleEBS アップグレード(バージョンアップ)ソリューション

ISIDが提供するOracleEBS 金融業モデル

会計ソリューションに関する資料をご希望の方は、資料請求ページよりお申し込みください。

会計ソリューションの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

関連事例