Oracle E-Business Suite
金融業向けモデル

  • 会計

金融業向けモデルの特徴

1) 多通貨会計対応

金融業で用いられる多通貨会計(純粋多通貨会計・準多通貨会計)を、OracleEBSの元帳管理機能を用いて実現します。また、複数会計基準(IFRSなど)にも対応することが可能です。

2) 金融業独特の元帳管理要件対応

金融業で求められる、日計表などの帳票要件、日締め要件に対応するための伝票入力や自動仕訳のコントロールに対応することが可能です。

3) 複雑な自動仕訳化要件対応

金融商品会計や多通貨会計などの、金融業で求められる複雑な仕訳の自動化を、基本的にプログラミングなしで実現します。 Oracle EBSのFAH(Financial Accounting HUB) 、もしくは弊社独自ソリューションである自動仕訳エンジン(DMP)を用いて実現します。
伝票承認や補助簿管理等の貴社要件に応じて、適切なソリューションをご提供することが可能です。

金融業向けモデルのシステム構成

会計ソリューションに関する資料をご希望の方は、資料請求ページよりお申し込みください。

会計ソリューションの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。