企業理念浸透アプリケーション「go!AHEAD」、第6回「HRテクノロジー大賞」において奨励賞を受賞

2021年08月02日

  • お知らせ
  • 経営・人事

ISIDは、自社内での企業理念浸透を目的に独自開発したアプリケーション「go!AHEAD」が、第6回「HRテクノロジー大賞」において、奨励賞を受賞したことをお知らせします。

HRテクノロジー大賞は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰するもので、当分野の進化発展に寄与することを目的に2016年に創設されました。2021年で第6回の開催となります。

企業理念浸透アプリケーション「go!AHEAD」について

ISIDは、2019年2月に企業理念を一新しました。従業員の声を基に策定した新たな企業理念は、ミッション、ビジョン、行動指針から構成されています。企業理念の浸透施策として、社員の共感度が特に高い行動指針「AHEAD(Agile、Humor、Explore、Ambitious、Dialogueそれぞれの頭文字)」に基づいた行動に対して社員同士がメッセージを贈り合う活動を開始しました。この活動を支えるシステムとして、企業理念浸透アプリケーション「go!AHEAD」を独自に開発。スマートフォンやPCからgo!AHEADにアクセスすると、全社員のメッセージのやり取りが時系列に表示されたタイムラインを確認することができます。このことで、コロナ禍によるテレワーク勤務が常態化する中で希薄になりがちな“人の繋がり”を創出しています。

授賞理由

企業理念実現のための行動指針実践に対する純粋な称賛と社内ネットワーク構築から、業務チャレンジに繋がることを目指し、「多様な実践を可視化すること」にこだわり独自にアプリケーションを開発。コロナ禍によりテレワーク勤務が常態化する中でも社員同士の繋がりを創り出し、リリース後4ヶ月で累計約1,500枚のメッセージカードが交わされ、一人ひとりが行動指針を発揮する行動が可視化されることで社員同士の共感・さらなる行動へと繋がる点が、高く評価されました。

ISIDは、今後も、社員一人ひとりが行動指針AHEADに基づき、自律的なチャレンジを続けるとともに、人間味あふれるネットワーキングの在り方を目指してまいります。

関連ホームページ

HRテクノロジー大賞

 

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション部 金野、赤瀬

Webからのお問い合わせ