サステナビリティについて

サステナビリティ方針

ISIDグループは、「誠実を旨とし、テクノロジーの可能性を切り拓く挑戦者として、顧客、生活者、社会の進化と共存に寄与する。」と定めた企業理念のもと、テクノロジーの活用・実装を通して、サステナブルな社会の実現を目指します。

  • 豊かな地球環境の保全と、人々が幸福感をもって暮らせるサステナブルな社会づくりに貢献します。
  • 人権と多様性を尊重し、健康に配慮した働きやすい環境を整備します。
  • ISIDグループ全体を包含する、透明性の高いガバナンス体制を構築します。

活動の範囲と指針

  • ISIDグループが関わるバリューチェーン全体を活動の範囲とします。
  • すべてのステークホルダーに対して、適切な情報公開と責任ある対話を行います。
  • ISIDグループすべての従業員へ教育を行い、エンゲージメントの向上を促し、活動の浸透を図ります。
  • 取締役会の適切な監督のもと、継続的改善活動を通して強固なサステナビリティ推進体制を構築します。

サステナビリティ推進体制

ISIDグループは、2022年1月に、サステナビリティに関する取り組みを総合的に推進することを目的に、関連する社内の委員会を傘下に持つ「サステナビリティ推進会議」を設置しました。
本会議は、関連する部門・部署や傘下の委員会と連携して、サステナビリティに関する活動方針や重要事項の決定・モニタリング、全社的なリスク管理活動に関する計画の承認・モニタリングなどに当たり、その内容を取締役会に報告しています。開催頻度は原則として年3回とするものの、代表取締役社長を議長とし、経営会議メンバーと構成を一にすることで、フレキシブルに対応できる体制としています。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進会議 開催状況

この度、2022年度 第1回 サステナビリティ推進会議を開催しましたので、以下 ご報告します。

2022年度 第1回(2022年2月)

内容

  • 1.新たに設置したサステナビリティ推進会議の目的について参加者で共有しました。
  • 2.2022年度注力事項として、重要課題(マテリアリティ)の特定とTCFD提言に基づく取組みを進めることを報告しました。
  • 3.2022年度のISIDの最重要リスク対応計画について承認しました。また、ISIDグループ会社の2022年度の最重要リスク対応計画について報告しました。
  • 4.傘下の委員会の2022年度活動計画について報告しました。

注力する取り組み領域

環境への取り組み
社会・社員との関わり
ガバナンス

「ISIDグループ企業理念」、「私たちの行動宣言」および「電通グループ行動憲章」については、それぞれ以下をご覧ください。

電通グループにおける取り組み

ISIDは、電通グループ各社から構成されるCSR委員会に参画し、2030年に向けグループ全体としてのサステナビリティ戦略を検討・立案しています。「グローバルリスク報告書」なども踏まえたリスクの認識、課題解決の機会についてのディスカッションを重ね、電通グループが社会に与える影響について検討を進めています。

電通グループの取り組みおよび統合報告書についてはこちらをご覧ください。

ステークホルダーとの関わり

ISIDグループは、顧客、株主・投資家、ビジネスパートナー、従業員などのステークホルダーとのかかわりの中で事業活動を行っています。事業活動を進める上で直面する様々な社会課題に対して、ステークホルダーとのコミュニケーションを取りながら、一つひとつを解決に導きつつ、共に社会への価値を創出し、持続的な発展を目指してまいります。

ISIDグループ 顧客 ビジネスパートナー 地域社会 環境 株主・投資家 従業員