グローバル&グループ経営をサポートする

IFRS対応、グループ経営管理の高度化を支える連結会計ソリューション

STRAVIS ストラビス

株式会社 電通国際情報サービス

  • お問い合わせ

多様な連結要件への対応

管理連結、サブ連結等、多様な連結要件への柔軟な対応

連結数値を作成する上で、多様な連結要件に対応することは、重要なシステム要件です。

STRAVISでは、多様な管理連結やサブ連結等、連結階層構造を目的別に定義することができ、共通の各社会計データ・連結仕訳データを使用し、目的別の連結数値をシステム内で自由に作成することが可能です。
連結仕訳は、連結階層構造にしたがってセグメント内、セグメント間を自動判定するため、セグメント情報作成・分析業務を飛躍的に効率化します。

連結範囲の変更

各期間毎に複数の連結構造を保持することが可能です。連結範囲を変えて、連結決算数値のシミュレーションや日本基準とIFRSでの連結決算数値の作成が可能です。

様々な管理要件に対応

1つのデータに対し、複数の組織積み上げ計算が可能なため、マネジメント層の要求に対応した柔軟な事業業績管理に対応可能です。

サブ連結対応

サブ連結用データを作成し、そのデータを連携し、親会社の連結データを作成することが可能です。

STRAVISに関する資料をご希望の方は、資料ダウンロードページよりダウンロードできます。
資料ダウンロード
STRAVISの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ

COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.