グローバル&グループ経営をサポートする

IFRS対応、グループ経営管理の高度化を支える連結会計ソリューション

STRAVIS ストラビス

株式会社 電通国際情報サービス

  • お問い合わせ

手仕訳の自動化

連結業務における自動仕訳適用範囲を拡げ、正確性向上、効率化を実現

連結業務において仕訳作成プロセスを可視化した上で自動化することは、手仕訳を減らし、正確性の向上と効率化を実現します。
STRAVISでは、連結上の処理プロセスを自動化するための豊富な業務別計算処理・自動仕訳機能に加えて、あらゆる要件に柔軟に対応可能なユーザ定義仕訳により、自動仕訳適用対象業務を拡げることが可能です。

STRAVIS導入顧客における仕訳自動化の例

ユーザ定義仕訳の活用事例

ユーザ定義仕訳とは、STRAVIS内のさまざまなデータを使用し、自動仕訳を作成する機能です。設定のためのデータ抽出や仕訳科目の指定はわかりやすいユーザインタフェースから簡単に定義可能です。現地基準からIFRSへの組替、定型的な科目変換、貸借相殺処理、内部取引消去の前処理などに活用できます。

関連機能

業務別自動計算、自動仕訳機能一覧

  • 開始仕訳作成、管理
  • 外貨換算(AR/CR/HR)
  • 内部取引相殺消去(取引通貨別照合、連結通貨別、期中増減別)
  • 資本連結(新規連結、連結除外、利益処分、追加購入、増資、売却、利益按分)
  • 棚卸未実現(利益率入力、在庫入力、未実現計算、多段階未実現計算)
  • 固定資産未実現(台帳管理、償却計算、売却、除却、システム自動除却)
  • セグメント情報
  • 個別CF
  • 連結CF(間接法、原則法)
  • セグメントCF
STRAVISに関する資料をご希望の方は、資料ダウンロードページよりダウンロードできます。
資料ダウンロード
STRAVISの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ

COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.