グローバル&グループ経営をサポートする

IFRS対応、グループ経営管理の高度化を支える連結会計ソリューション

STRAVIS ストラビス

株式会社 電通国際情報サービス

  • お問い合わせ

イベント・セミナー紹介

連結業務イノベーションセミナー
『 四半期報告の廃止を伴う開示制度の大変革と「攻める経理」の構築』

主催
株式会社電通国際情報サービス

開催概要

日程 【名古屋】2017年11月22日(水)―受付終了―
【大 阪】2017年11月29日(水)―受付終了―
時間 15:00〜17:15(受付開始14:30)
会場 【名古屋】株式会社電通国際情報サービス 中部支社セミナールーム MAP
【大 阪】株式会社電通国際情報サービス 関西支社セミナールーム MAP
費用 無料 ※Web事前登録制

セミナー概要

タイムテーブル

14:30〜15:00 受付開始
15:00〜15:05 ご挨拶
15:05〜16:05

「四半期報告の廃止を伴う開示制度の大変革と「攻める経理」の構築」(60分)

 

有限会社ナレッジネットワーク 代表取締役 公認会計士 中田 清穂 氏

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月期の決算短信から「自由度の向上」が実現し、有価証券報告書の「非財務情報の充実」の一部が実現しました。
この動きは、「伊藤レポート」の公表からの「既定路線」の流れが現実化した、開示制度の大改正の第一弾にすぎません。
今後は、有価証券報告書と事業報告・計算書類の「一体化」や四半期報告の「廃止」の議論がより具体的になるなど、経理部門の常識では到底考えられなかったことが実現する中で、今後の経理部門の「あるべき」方向性について解説します。

16:05〜16:15 休憩(10分)
16:15〜17:15

『 連結決算業務を核とした連結経営管理基盤の構築 〜これからの経理部門の姿とシステムのカタチ〜 』(60分)

 

株式会社電通国際情報サービス  コンサルタント


会計ビッグバン以降、J-SOX、IFRS等経理部門を取り巻く環境は制度変更と共にく変わってきました。そして昨今ではビジネスのグローバル化や M&Aの推進、激しい環境変化などにより連結経営管理高度化のニーズが高まっています。経営判断に必要な情報をいかに的確に発信できる かがCFOや経理部門の重要な役割になってきています。しかし、十分な人員体制やスキルで対応ができる経理部門は多くはないと思われます。 ISIDでは、連結システムの機能と活用用途を拡張し、制度連結以外の経営管理目的での活用や、BEPS等グローバル税務対応での活用を推進 してきました。ベースとなる制度連結業務の効率化を進めると共に周辺業務を同じ基盤に統合することで情報の収集からレポーティングまでを 効率的に運用できる連結経営管理基盤の構築事例をご紹介します。

※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

 

お申込み

  • お申込みページに必要事項を入力して送信
  • お申込み受付後事務局から受講確認メールを発行
  • お申込み完了

個人情報保護方針/取扱いに同意いただいた上で、お申込みくださいますようお願いいたします。
※誠に勝手ではございますが、同業者のご参加はお断りさせて頂く場合がございますので、あらかじめご了承頂きたくお願い申し上げます。

個人情報の取り扱いについて

  1. 1.ご登録いただきました個人情報は、資料のご請求やお問い合わせの対応、弊社のセミナー・イベントや商品・サービスのご案内に必要な範囲で利用させて頂き、ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。
    個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。
    ・貴社名
    ・部署名
    ・お名前
    ・住所
    ・電話番号
    ・メールアドレス 等
  2. 2.個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  3. 3.個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

同意の上、お申込みページへ

  • お申込みページ

お申込み受付は終了しました。

お問い合わせ

株式会社 電通国際情報サービス
STRAVISセミナー事務局
TEL:03-6713-7100
E-mail:g-seminar-info@group.isid.co.jp

COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.