イベント・セミナー紹介

連結業務イノベーションセミナー
 「IFRS最新動向を総点検、いま企業は何をすべきなのか?」

主催
株式会社電通国際情報サービス

開催概要

日程 2012年6月 7日(木) 【東   京会場】
2012年6月20日(水) 【大   阪会場】
2012年6月21日(木) 【名古屋会場】
時間 15:00 〜 16:55 (受付開始 14:30 〜 )
会場 【東   京】 株式会社電通国際情報サービス 本社(品川) MAP
【大   阪】 株式会社電通国際情報サービス 関西支社(堂島) MAP
【名古屋】 株式会社電通国際情報サービス 中部支社(栄) MAP
費用 無料 ※Web事前登録制

プログラム

タイムテーブル

14:30〜 受付開始
15:00〜15:10 ご挨拶
15:10〜15:40

『連結システムのIFRS対応に向けて知っておくべきポイント』(30分)


     株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 コンサルタント
     岡村 洋樹


 今後、連結システムのIFRS対応を検討する際には、IFRS期首BS作成、並行期間、単独開示期間における 業務・システムの在り方を中長期視点で検討、計画することが重要となります。
本セッションでは、システムの視点で知っておくべきポイントを整理し、今後の検討にご活用いただきたいと考えております。

15:40〜15:55 休憩(15分)
15:55〜16:55

『IFRS最新動向を総点検、いま企業は何をすべきなのか?』(60分)
 〜この1年の動きと、これからを見据えて〜


     新日本有限責任監査法人 公認会計士 マネージャー
     河村 剛 様


 昨年6月の自見大臣の発言から1年、「もはやIFRSは過去のもの」とお考えになってはいませんか?
しかし、強制適用の判断を本年に行うという金融庁の方針に変わりはありません。そしてこの1年の間には、連結、収益認識、リースといった重要な領域で、IFRSの基準に改定の動きもありました。
 そこで、このセッションでは、IFRS強制適用についての企業会計審議会の議論の最新動向と、この1年間の基準改定の動向について確認します。
その上で、今だからこそできる今後無駄にならない事とは何か、企業が何を準備をしておくべきかを解説します。

16:55

終了予定

 ※ご希望のお客様には以下の特別セッションをご用意しております。
 お申し込み時にご選択下さい。席に限りがありますので
 当日はご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

16:55〜

STRAVIS詳細説明&実機操作体験


講師紹介


 

 

 

 

 

河村 剛(かわむら つよし)様
1996年東京大学経済学部卒業。
大手広告代理店勤務の後、2000年公認会計士2次試験に合格し、監査法人太田昭和センチュリー(現、新日本有限責任監査法人)入所。
大手電機メーカーの監査業務に従事。現在はIFRS導入推進支援アドバイザリー業務等に従事。

お申込み

  • お申込みページに必要事項を入力して送信
  • お申込み受付後事務局から受講確認メールを発行
  • お申込み完了

個人情報保護方針/取扱いに同意いただいた上で、お申込みくださいますようお願いいたします。
※誠に勝手ではございますが、同業者のご参加はお断りさせて頂く場合がございますので、あらかじ めご了承頂きたくお願い申し上げます。

個人情報の取り扱いについて

  1. 1.ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で利用させて頂き、ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。
  2. 2.個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  3. 3.個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

 

  • お申込みページ
  • 開催は終了しました。

お問い合わせ

株式会社 電通国際情報サービス
STRAVISセミナー事務局
TEL:03-6713-7100
E-mail:g-seminar-info@group.isid.co.jp

COPYRIGHT ©COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.

株式会社 電通国際情報サービス

  • 本セミナーに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。