グローバル&グループ経営をサポートする

IFRS対応、グループ経営管理の高度化を支える連結会計ソリューション

STRAVIS ストラビス

株式会社 電通国際情報サービス

  • お問い合わせ

導入検討に関する質問

  • Q-1 STRAVISユーザがSTRAVISを選んだ理由は?
  • A-1 STRAVISをご採用いただいた理由は、お客様の課題、状況によって様々ですが、採用理由としてよくお伝えいただく内容を「STRAVISが選ばれる理由」としてまとめさせていただきました。
  • Q-2 STRAVISを実際に見てみたい。
  • A-2 ご指定の日時にて訪問の上、STRAVISの個別デモンストレーションを実施させていただくことが可能です。お電話、お問い合わせフォームからお気軽にご依頼ください。 また、弊社で定期開催しております「連結業務イノベーションセミナー」にて、STRAVISの簡易デモンストレーションのセッションを設けております。併せてご利用下さい。
  • Q-3 STRAVIS導入の最小構成は?
  • A-3 連結処理エンジン部分にあたる「STRAVISのみの利用」が最小構成となります。
    製品ラインアップにつきましては、ソリューション紹介のページをご参照ください。
  • Q-4 STRAVISの導入にかかる期間を知りたい。
  • A-4 導入期間は、会社規模、業務要件、導入方法によって異なりますが、多くのお客様が導入開始後3〜9ヶ月の間にSTRAVISを本番稼動、連結決算業務を実施されています。
  • Q-5 STRAVISの導入には専任のメンバーが必要ですか?
  • A-5 専任メンバーをアサインいただくことが望ましいですが、決算業務担当者様が決算業務をやりながら導入担当を兼務されるケースが大半です。なお、導入方法として、
    • お客様担当者が導入作業主体となる導入方法(コーチング形式)
    • 弊社コンサルタントが導入作業主体となる導入方法(インプリメンテーション形式)
    • 上記の折衷方法
    の3パターンがございます。
    担当者様の業務状況に応じて上記導入方法を選択、お客様と弊社コンサルタントの役割分担を柔軟に調整することが可能です。
  • Q-6 STRAVISの導入費用を知りたい。
  • A-6 STRAVISの導入初期費用として、「ライセンス費用」と「導入コンサルティング費用」が必要となります。
    「ライセンス費用」は連結対象子会社数、「導入コンサルティング費用」はお客様の業務要件、導入方法によって異なります。
    具体的な御見積については、弊社までご依頼下さい。
  • Q-7 STRAVISの推奨システム環境を知りたい。
  • A-7 製品構成によって推奨環境が異なるため、お手数ですが弊社までお問い合わせ下さい。
  • Q-8 他の連結会計システムを利用しています。スムーズな導入は可能ですか?
  • A-8

    STRAVISユーザの約半数が、STRAVIS導入前は他の連結会計システムを利用、STRAVISに乗換えをされたお客様です。導入支援作業の中で、旧連結会計システム内の過年度データを用いてSTRAVISでの検証作業を実施します。

    具体的には、旧システムとのギャップ分析、旧システム内の過年度データの移行、STRAVIS導入後の新運用ルールの定義など、システム変更時に検討を要する項目に十分配慮しながら、導入支援を実施させていただきます。

  • Q-9 STRAVIS導入支援以外の支援サービスは?
  • A-9

    STRAVIS導入以外の支援として、弊社内の公認会計士が中心となって、決算早期化、IFRS対応、内部統制構築支援等の業務コンサルティングの提供例がございます。

    業務とシステムの改善を並行検討することにより、相乗的な効果を得られる場合がございます。
    システム構築のみならず、業務面の改善支援についても是非ご相談ください。

STRAVISに関する資料をご希望の方は、資料ダウンロードページよりダウンロードできます。
資料ダウンロード
STRAVISの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ

関連情報

  • 多様な業種・規模のお客様がSTRAVISで課題解決されています。

COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.