グローバル&グループ経営をサポートする

IFRS対応、グループ経営管理の高度化を支える連結会計ソリューション

STRAVIS ストラビス

株式会社 電通国際情報サービス

  • お問い合わせ

IFRS対応 管理連結対応

制度連結と管理連結の業務をSTRAVISで一元管理
任意の複数業務の同時並行処理を実現

Point

複数会計基準への対応

日本基準の連結決算、IFRSベースの連結決算、米国基準での連結決算など、複数会計基準での処理を同時並行的に実施することができます。
各基準間でマスタやデータをコピーすることにより、重複作業を排除するとともに、業務間のデータ整合性を確保することが可能です。また、会計基準の組替、過年度遡及処理といった処理も容易に実施することができます。

Point

任意の管理連結業務をお客様が自由に定義可能

STRAVISでは、お客様がSTRAVISに実装したい業務を任意に定義することが可能です。制度連結のみならず、月次連結、連結予算、見通し、中期経営計画など、任意の管理連結業務をお客様が定義、運用することが可能であり、保持している実績数値との比較、分析も容易に実施することができます。
また、持株会社と傘下事業会社の複数法人の連結、連結範囲シミュレーションなども、多くの利用実績があります。

Point

業務の特性、グループ会社の対応レベルに合わせた業務運用が可能

STRAVISは、定義した業務の特徴に応じて、業務運用の環境を柔軟に定義することができます。
データ収集の内容、勘定科目の粒度、連結の範囲、セグメント定義、自動仕訳処理レベルなどを業務ごとに定義することが可能なため、業務の特徴に合わせた無理のない業務運用が可能です。

Point

STRAVISによる管理連結運用例

STRAVISでは複数の業務データを活用し、効率よく高度な管理連結を実現します。複数の各目的別の業務データの差し引き、積上げやレポートでの比較、分析が容易に実施できるため、下記のような処理が簡単に実施可能です。

制度連結実施月での月次単月データ作成例

制度四半期累積データから前々月・前月単月データを差し引き、制度四半期と重なる月次単月データの作成を行います。

実績と予算を活用した年間見通しの作成例

実績データと予算を足し上げ、より精度が高い見通しデータの作成を簡便的に行うことが可能です。

 

STRAVISに関する資料をご希望の方は、資料ダウンロードページよりダウンロードできます。
資料ダウンロード
STRAVISの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ

関連情報

COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.