グローバル&グループ経営をサポートする

IFRS対応、グループ経営管理の高度化を支える連結会計ソリューション

STRAVIS ストラビス

株式会社 電通国際情報サービス

  • お問い合わせ

シャープ株式会社 様

グループ経営管理の高度化を実現する情報基盤として“STRAVIS”、“STRAVIS-LINK”を導入。海外子会社IFRS導入プロジェクトにおいても、スムーズなシステム対応を実現。

シャープ株式会社(以下シャープ)ではグループ経営管理の高度化を実現するために情報基盤の構築が必要でした。2005年から“STRAVIS”と“STRAVIS-LINK”を導入することでグループ会社からの経営管理情報収集インフラを構築しただけではなく、さらに2008年に企業会計基準委員会実務対応報告18号「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」へのスムーズな対応を実現しました。

ご担当者様の声

当社では、連結ベースの情報収集と管理を行う、制度連結、管理連結、資金管理の各業務が、それぞれ異なるシステムで運用されており、特に子会社や関連部門からの情報収集業務が重複し煩雑なものとなり、この改善が業務の効率化のキーポイントとなっておりました。“STRAVIS”、“STRAVIS-LINK”の導入により、情報収集システムの統一を実現し、業務の合理化、効率化と収集データの精度向上を図ることができました。ISIDには、10年以上にわたり、サポートしていただいております。今後も、我々ユーザーサイドとの連携を密にしていただき、会計基準改訂への迅速な対応や使い勝手の改善等、より良いシステムの提案、提供を期待しております。

  • もっと詳しく知る
STRAVISに関する資料をご希望の方は、資料ダウンロードページよりダウンロードできます。
資料ダウンロード
STRAVISの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ

COPYRIGHT INFORMATION SERVICES INTERNATIONAL-DENTSU, LTD.