loading

導入事例
日本電産株式会社様

世界225社のグループ会社の連結決算効率化とともにIFRS対応を実現

プラシレスDCモータで世界トップシェアを誇る日本電産株式会社。積極的なM&A戦略で急速に成長を遂げる同社は、33カ国、225社(2016年3月末現在)のグループ会社の連結決算業務を効率化するためSTRAVISを導入。さらに会計基準を米国会計基準から国際財務報告基準(IFRS)に移行しました。

STRAVISの導入中や、IFRSへの移行期間中にも子会社が増え続け、経理部の作業は想像以上に大変でしたが、STRAVISの柔軟性の高さやISIDからの適切なアドバイスもあり、スムーズに導入を進めることができました。

ご担当者様の声