loading

導入事例
京セラ株式会社様

STRAVISによる連結決算業務・内部統制対応業務の大幅な負荷低減を実現

米国市場へ上場している京セラ株式会社では、日本基準準拠の企業よりも一足早く、内部統制(SOX404)への対応を図りました。連結決算業務フローにおける内部統制対応の大部分をマニュアル作業としていた旧システムから、STRAVISとSTRAVIS-LINK/isへと移行することにより、データ収集時の承認フローや連結計算プルーフの自動蓄積等を実現。内部統制対応環境を大幅に強化することができました。

SOX404導入により、当社は決算数値の正確性に加え、作業プロセスの正当性についても証明を要求されることとなりました。従来手法ではデータ保管状況や作業ログは手書きリストでの管理となっており、内部統制対応に長期間耐えうるものではありませんでした。今回、STRAVISとSTRAVIS-LINKの導入により、データ、作業ログは一元的かつ統合的に管理され、内部統制監査に対して強力な証跡を残すことが可能となりました。また、子会社からのデータの直接入力、自動仕訳機能、多彩な帳票作成機能等により、決算作業効率も大幅に改善されました。今後は、開示作業の合理化に向けたシステム展開を図っていきたいと考えています。

ご担当者様の声