データ・プレパレーション・プラットフォーム Paxata(パクサタ)

  • IoT/ビッグデータ/AI

データ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata(パクサタ)」とは

社内外に存在する多数のデータを活用し、見える化や分析、予測を行い、経営の意思決定などに 繋げることが求められています。データ活用のためには、インプットデータの収集~準備(データ・プレパレーション)~アウトプット(見える化・予測)までの一連の流れを円滑に推進することが必要です。しかし、インプットのデータからアウトプットに繋げるステップ「データ・プレパレーション」がネックとなり、データ活用が進まないことが多くあります。

Paxataは「データ・プレパレーション」の課題解決を支援するプラットフォームです。Paxataを使用することで分析担当者が主体となってデータ・プレパレーションを行うことができるため、データ活用の流れが円滑に進みます。

データ活用の流れ

データ・プレパレーションでの主な課題

データの課題

  • データ量が多すぎて、処理しきれない
  • データ全体を見渡すことができない
  • 異常値や想定していないケースが含まれていることに気づけず、正しいアウトプットが得られない

スキルの課題

  • 属人的になっている
  • プログラミングスキルを習得する時間がとれない

プロセスの課題

  • IT部門への作業依頼が多く、業務部門はオンデマンドでデータを取得できない
  • データ要件を確定しづらいため、システム化に至らず、手作業が多い
  • インプットやアウトプットの追加・変更には、処理やストレージの再設計が必要となり、莫大なコストと時間がかかる
  • 分析のPDCAサイクルが回らず、精度が向上しない

期待される効果

  • データプレパレーションにかかるコストや時間の削減
  • 業務の効率化、高度化
  • 分析のPDCAサイクルの確立、分析精度の向上

4つの特長

Point1 オンメモリの分散処理による大容量データの高速処理

  • 大容量データであっても、処理の結果を即座に確認しながら、インタラクティブな操作が可能
  • データセット全件を処理の対象にすることが可能で、レスポンス対策のためのサンプリングは不要

Point2 馴染みやすいインターフェース

  • ノンプラミング、IT専門知識は不要
  • 一般的な表計算ソフトを扱う程度のスキルで利用可能

  • 処理ステップやバージョンを自動記録。処理順序の入れ替えや削除、バージョンの切り替えが可能
  • ヒストグラムや分布図でデータの全体像の把握が可能
  • データをプレビューしながらインタラクティブな操作が可能

Point3 機械学習技術を用いた、ユーザー操作のサポート

  • クラスタリングによる自動クレンジング

  • 統合後の値を自動で提案
  • 入力ミスや表現の差異を考慮し、統合できる可能性のある値を自動でリスト化
  • 複数データ結合時、結合候補となる列項目を自動で提示
  • 複数列を組み合わせた結合にも対応
  • 結合候補の列項目の組み合わせを自動でリスト化

Point4 ガバナンスを支援するプラットフォーム

  • セキュリティ管理、リソース管理
  • 変更履歴の保持

ISIDのサービス

企業のデータ活用を支援する各種ソリューションを展開しております。

Paxata 紹介動画

 

お問い合わせ
株式会社電通国際情報サービス 戦略ビジネス推進本部
TEL : 03-6713-6132
E-mail : g-paxata@group.isid.co.jp