金融機関向けウェブ接客サービスライブエンゲージ(LIVEPERSON LiveEngage)

  • 金融
  • マーケティング

金融機関向け ウェブ接客サービス 「ライブエンゲージ」

「ライブエンゲージ」は、ウェブサイトを訪れるお客さまが目的をスムーズに達成できるよう、インターネット上の「おもてなし」を演出するSaaS型のクラウドサービスです。
お客さまの行動をモニターし、「ページ間を何度も往来する」「同じページにずっと留まっている」といった傾向を捉え、来訪者とオペレータとを繋ぐことで、このおもてなしを実現しています。

それはさながら実店舗での店員の接客のようなものです。
もし、実際の店舗でお客さまが困っているそぶりを見せたら、店員は「何かお探しですか?」と接客するでしょう。
購入したい商品が決まっているのか?何かと比較しているのか?など、店員はお客さまの様子からどの程度の接客が必要かを判断し、それに応じたサポートを提供します。

「ライブエンゲージ」は、このような実店舗ならではだと思われていたおもてなしの接客をウェブサイト上で実現できるサービスなのです。

全世界で1,8000社、「米国 市中銀行の上位10銀行(フォーチュン500)」が導入

コンバージョン率の向上

複数の接客手段による応対

申込みプロセスからの離脱防止

パーソナライズされたコンテンツ

オペレーションの効率化によるサポートコストの削減

詳細なレポーティング

顧客満足度の向上

スマートフォン対応

ライブエンゲージの特徴

Point1 ウェブサイト来訪者の動きをリアルタイムで分析

導入企業様のウェブサイトにタグを埋め込むことで、ウェブサイトを訪れるお客さまのアクセス状況をモニタリングします。

Point2 サポートを必要としているであろうウェブサイト来訪者を特定

システム側で組んだロジックに基づき、「ページ間を何度も往来する」「同じページにずっと留まっている」といった行動をしたお客さまを検知します。

Point3 オペレーターがウェブサイト閲覧中のお客さまをサポート

チャットを用いてオペレータと対話するための招待画面の提供や、パーソナライズされたコンテンツの表示を行うことでウェブサイトを閲覧中のお客さまの問い合わせに回答したり、適切なページに誘導したり、申込みのサポートを行ったりします。

利用シーン

例1 会員ページへのログインをあまりしておらず、パスワードを忘れてしまったというお客さまをサポートしたい。

パスワード入力で複数回エラーが発生したお客さまに呼びかける。

例2 申込みフォームの入力で困っているお客さまをサポートしたい。

入力項目にエラーが発生しているお客さまに呼びかける。

例3 特定の商品の検討をされているお客さまをサポートしたい。

商品ページに3分以上とどまっているお客さまに呼びかける。

ライブエンゲージの機能や導入に関して詳細を知りたい方、デモをご覧になりたい方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

関連事例