銀行海外拠点バックオフィスシステムGBSⅡ(Global Banking System Ⅱ)

  • 金融

GBSⅡは銀行海外拠点向けバックオフィスシステムです。1983年のGBS バージョン1の開発以来、機能拡張、制度対応、インフラの更改に対応し、数多くの金融機関様の海外拠点業務をご支援してきました。現在も香港、ニューヨーク、ロンドンなど海外の主要な金融センターにてご利用頂いております。中国内拠点向けの対応も完了しています。

「GBSⅡ」の業務カバレッジ

GBSⅡは、以下の業務領域をカバーしており、各種管理帳票や照会画面を提供しています。

  • 貸付業務
  • 証券業務
  • 資金・為替業務
  • 金利スワップ業務
  • 輸出入業務
  • 保証・支払保証業務
  • 先物・オプション業務
  • 預金業務
  • 送金業務
  • 各種マスターデータ管理

「GBSⅡ」の特長

  • 1.多通貨会計処理
    原通貨ベースでの元帳管理。原通貨ベースおよび現地会計通貨ジョイントベースでの計表出力。(基軸通貨ジョイントベースも可能)
  •  
  • 2.先日付入力/自動実行機能の充実
    ほぼ全ての業務について、先日付入力が可能。約定時点での入力により、実行日のオペレーションは不要
  •  
  • 3.決算処理機能の充実
    期間損益計上・証券アモチゼーション・為替引き直し等の処理を自動化
  •  
  • 4.外部システムインターフェース
    現地当局向け報告システムとのインターフェース
  •  
  • 5.本部でのデータリンクミラーリング
    G*LINKを利用することにより、本部での海外店データミラーリングが可能
  •  
  • 6.複数店番対応
    複数の店番を保存することが可能

システムイメージ

関連事例