FinTechへの取り組み

  • 金融

FinTechとは?

FinTech(フィンテック)とは、FinanceとTechnologyから作られた造語で、欧米ではこの数年、金融IT領域におけるイノベーションの潮流、および革新的なサービスを提供するスタートアップ企業およびそのサービスを示す言葉として定着しています。
2008年に起きたリーマンショックで金融人材がIT業界に流出し、FinTechスタートアップ業界の成長が加速されたと言われています。

ISIDは、欧米の金融サービス市場におけるFinTechの動向に早くから着目し、2007年に初めて開催された世界最大級のFinTechイベントであるFINOVATEに、日本企業で唯一、第1回から参加し続けています。
また、2012年には日本初のFinTechピッチコンテスト「金融イノベーションビジネスカンファレンス(FIBC)」を立ち上げるなど、様々な取り組みを通してFinTechエコシステムの創出に貢献しています。

取り組み事例

FIBC(Financial Innovation Business Conference)

FIBCは、FinTechに関係するプレーヤーが一同に会する機会を創出し、相互に刺激し合うことで、日本およびアジアにおける金融イノベーションを推進することを目的としたカンファレンスです。
ISIDは金融ビジネスにイノベーションを起こす仕組みを創出することで金融業界に貢献したいと考え、2012年に第1回FIBCを開催致しました。
その後、毎年登壇社数を増やし、5回目の2016年には国内外から23社が登壇し、全編英語で開催しました。

URL:http://fibc.info/

FIBC2016の登壇者の皆様

開催目的

規制業種と言われる金融業界において、欧米では、ベンチャー企業がベンチャーキャピタルの支援を得て、生活者視点の新しいサービスを立ち上げており、それらのサービスの一部は金融市場に一定の影響を与えるようになっています。
さらに大手金融機関がこの動きに対応し、ベンチャー企業との提携などを通じて先進のサービスを自社のサービスに取り込んでいく、いわば「金融イノベーション創造のためのエコシステム」が生まれています。一方、日本の金融サービス市場は、構造的にイノベーションが起こりにくい状況にあります。そのためベンチャー企業による革新的なサービスが普及したり、金融機関が既存の枠組みを超えて新たなサービスを立ち上げたりする事例がまだ少ないのが現状です。

FIBCは、FinTechに関係するプレーヤーが一同に会する機会を創出し、お互いに刺激し合うことで、日本およびアジアにおける金融イノベーションを推進することを目的としています。

FINOLAB(The FinTech Center of Tokyo Fino Lab)

2016年に三菱地所株式会社、株式会社電通との協業により、大手町に日本初のFinTech産業拠点「FINOLAB」を開設しました。

『日本に世界最高の金融イノベーションが生まれる土壌・環境・生態系を創ろう。』
この熱い想いに賛同する有望FinTechベンチャーやステークホルダー各社が集い手を取り合い、イノベーション創発、生態系拡大、事業環境向上に向けた取り組みを行っています。

URL:https://finolab.jp/

事業概要

世界有数の国際金融センター【東京・大手町】にFinTechによるイノベーションを生み出す拠点を設置します。

  • 許認可や法規制、業界慣習等、通常のTechベンチャーと比べ起業難度の高いFinTechスタートアップの創業・成長を支えます。
  • 同時に金融機関以外の多業種のプレーヤーと「明日の金融」、「テクノロジーによる金融と他の産業領域のマッシュアップ」を産み出し、グローバルスタンダードとすることを目指します。
  • 具体的な活動内容
    • 定期的にFinTech関連イベント(セミナー、ピッチ、メンタリング、マッチング他)を実施。
    • 国内・海外の優良FinTechベンチャーを誘致し、知見を集積。

FinTech新規ビジネス創出プログラム

課題発見・分析→解決策検討→ソリューション構築という従来型の問題解決方法では、顕在した課題を解決することはできても、誰も気付いていない課題を解決する、「圧倒的な競争力を持つ」新規ビジネスやサービスを創出することはできません。
そこで、ISIDはオープンイノベーションの思想のもとに設立されたFINOLABが蓄積する様々なノウハウ・リソースを駆使して、お客さまの新規ビジネスや新規サービスの創出を支援します。

FINOLABでは、FinTechの基本を知るための各種セミナープログラムから、30社を超える入居スタートアップ企業や海外スタートアップ企業のFinTechサービスや技術情報、さらには新規ビジネス成功のノウハウを持つエキスパートの方法論等を活用することができます。
特に、今後は金融サービスにもスピードが要求されることを考慮し、従来とは異なる開発方法論を提供し、お客さまの迅速・高品質なサービス実現に貢献します。