Oracle E-Business Suite
自動仕訳エンジン(DMP)/EAI機能(汎用データ連携:XMP)

  • 会計

自動仕訳エンジン(DMP)

特長

グループ会計元帳への連携をプログラミングなしに画面設定だけで実現する弊社独自ソリューション

機能概要

原始データに対し、以下の五つの処理を行い仕訳データに変換します。

  • 仕訳化処理原始データを貸借の仕訳にします。
  • 伝票化処理任意のキーを単位に伝票化(伝票番号採番)します。
  • 消費税処理内税/外税や消費税元明細の分解などの処理を行います。
  • 会社間処理元仕訳から変換により相手会社の仕訳を生成します。
  • 集約処理任意のキーで伝票内の明細を集約します。

EAI機能(汎用データ連携:XMP)

特長

グループ統合会計元帳(Oracle EBS)に接続するための、フォーマット変換・データ変換といったEAI機能を具備。

機能概要

ソース/ターゲットは、任意フォーマットファイルや任意テーブルが可能です。
柔軟なデータ変換処理(コード変換、フォーマット変換)が可能です。

自動仕訳エンジン(DMP)とEAI機能(汎用データ連携:XMP)の活用例

  • プログラミングは一切不要で、設定だけで変換・自動仕訳が可能。周辺システムとのインターフェースに係る開発工数・期間を大幅に低減。
  • 複数帳簿を利用する必要性が生じた場合にもDMP/XMPの変換処理と自動仕訳機能の組み合わせでマルチポスティングに対応可能。

会計ソリューションに関する資料をご希望の方は、資料請求ページよりお申し込みください。

会計ソリューションの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。