Oracle E-Business Suite
シェアードサービスセンター向け入出力機能(SIGMA-FORCE)

  • 会計

シェアードサービスセンター(SSC)向け入出力機能(SIGMA-FORCE)

特長1 操作性の高い入力インターフェース

  • 経理担当者が抵抗なく利用出来る、使いやすい入力インタフェースにより、統合会計システムの現場業務を支援。
  • デスクトップアプリケーションと同等の機能をwebブラウザ上で実現。
  • 短期間でのスムーズなシステム導入が可能で、導入時の追加開発を抑えて導入コストを削減。
  • 親会社だけでなくグループ各社へのシステム展開が容易。

特長2 シェアードサービスセンターを意識した複数帳簿・複数会社向け機能

  • マスタ追加のみで会社/帳簿を増やすことが可能。段階的なグループ会社展開、将来の複数会計基準対応にシステムを止めずに容易に対応可能。
  • ログインし直さなくても、複数会社/複数帳簿にアクセスすることが可能。
  • 会社/帳簿を跨ぐ承認経路の設定が可能で、1社複数帳簿の伝票承認やシェアード・サービスセンターによる各社伝票の承認を実現。
  • グループ間取引に係る伝票を起票する際、同時にその対になる相手会社の伝票を自動起票。グループ間の不突合を未然に防ぐことが可能。
  • シェアードサービスセンターへの支払業務集約に対応しており、複数会社の支払を一括して行うことが可能。
  • 各種マスタは帳簿間で“共有”“一部共有”“分別”を選択可能。グループ横断的なマスタ及び実績の整合性を確保するとともに、マスタメンテナンス負荷を軽減。

特長3 主要機能

各種会計伝票入力

  • 振替伝票、非会計伝票、会社間伝票
  • 外貨建取引にも対応
  • 定型伝票、過去伝票からの複製
  • 逆仕訳生成(洗替仕訳、取消仕訳)

予算入力

  • 画面入力、Excelとのインターフェース
  • 複数種別・複数バージョンの管理

統制勘定管理

  • 支払処理、統制勘定消込
  • 支払予定表、振込依頼書の出力
    FBファイル作成(全銀協フォーマット)
  • 残高・消込履歴照会

各種マスタ入力

  • 勘定科目、部門、取引先、銀行、等
  • 複数パターンでの勘定科目、部門積上

各種照会

  • 予実比較照会
  • 総勘定元帳、会計伝票へのドリルダウン

プロダクト間インターフェース

  • 電子帳票システムとの連携
  • マスタデータの外部連携

ワークフロー(電子承認)

  • 最大5段階の承認経路
  • 伝票種類・金額による承認ルートの自動選択
  • 代行起票・代行承認機能

ユーザ支援

  • Excelからの仕訳アップロード
  • CSVファイルへの出力(科目残高、仕訳明細、統制残高、等)

内部統制への対応

  • シェアード利用を意識したユーザ管理
  • 機能、データに対する柔軟かつ詳細なセキュリティ設定
  • マスタ変更履歴を完全保持

会計ソリューションに関する資料をご希望の方は、資料請求ページよりお申し込みください。

会計ソリューションの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。