地域金融機関向けビジネスモデル変革支援サービス

  • 金融

サービスコンセプト

  • マネジメントとは、経営資源の要素が相互に複雑に関係しあうなかで、「あるべき姿」に向かって経営資源全体の整合性をもって取り組むことであるといえます。
  • 経営資源には、比較的変えやすいハードな資源と、変えることが難しいソフトな資源があり、これを整理するフレームワークとして「7S」という方法が知られています。
  • 変革を伴う複雑な事業環境下では、マネジメントの失敗の多くはハードな資源への対応のみを優先して行い、経営理念や人といったソフトな経営資源に対する影響の考慮や手当てを行わないことにより発生します。
  • 求められる戦略は、金融事業環境の複雑性、組織の利害の対立や、既存の経営スタイルの枠組みを乗り越えて成果を創出する必要があるため、ソフト・ハード両面のアプローチから、中長期視点のマネジメントを行う必要があるとISIDは考えます。
7S


図:7Sのフレームワークで整理した、地域金融のビジネスモデルの転換

サービスの概要

  • これまで金融機関における改革施策は、制度・組織設計、業務プロセス、システムなどからのアプローチが中心でした。
  • しかしながら、昨今の金融情勢下では、変革を促す新たな共通価値観や組織文化を醸成し、その浸透とともに各施策を展開していくことが不可欠であるため、組織・立場を超えた対話の場づくりやリーダー人材の育成が急務の課題となっています。
  • 本サービスは、システム思考※2・デザイン思考※3によるメソッドを用いたアイデア創発の場を提供し、変革に向けた新たなビジョン・行動指針の構築や、それを実行するリーダー人材の育成等を支援するサービスです。

主なサービスメニュー

以下のサービスメニューを中心として、個々の金融機関の課題に応じた支援プログラムを設計し提供します。

  • 1.顧客中心志向での抜本的な業務改革のコンサルティング
  • 2.事業性評価のための顧客との対話設計
  • 3.組織・立場を超えた対話の設計、ファシリテーション
  • 4.中期経営計画策定に向けたビジョンの策定支援
  • 5.顧客満足度・従業員満足度の実態調査

 

  • ※1 ホラクラシー:上司・部下などの上下関係や階級が存在せず、個人の自律を重視した意思決定を行うフラットな組織形態。
  • ※2 システム思考:独立した事象のみに目を奪われるのではなく、各要素間の相互依存性や相互関連性に着目して全体像とその動きを捉え、本質的な原因を見通して、最も効果的な解決策や真の変化を生み出そうとする思考法。
  • ※3 デザイン思考:「人間中心」の考え方のもと、ユーザーを徹底的に観察して本質的・潜在的な問題を見える化し、プロトタイプの製作と改善を繰り返す思考法。イノベーションを生み出すアプローチとして注目されている。

 

関連事例