経費精算システム Ci*X Expense(サイクロス エクスペンス)
自動仕訳システム Ci*X Journalizer(サイクロス ジャーナライザ)

  • 会計

経費精算システム「Ci*X Expense」

従来のエンタープライズアプリケーションとは一線を画した使いやすさの追求により、経費精算や承認業務の時間を大幅に短縮。 グループでの利用を前提としたボリュームに依存しない適切な価格を設定、会社をまたぐマスタ管理や承認フローを実現します。

特徴

  • システムがタスクを提案し、仕事を見える化
  • 従来のエンタープライズアプリケーションとは一線を画した使いやすさの追求
  • 多言語、多通貨、複数タイムゾーンに対応
  • マスタの履歴、有効期間管理により事前にマスタメンテナンスが可能
  • 入力サジェスト、操作ガイダンス、証憑画像をみながら起票など充実した入力サポート機能
  • 規程チェックの自動化、要チェック申請をシステムが提案により間違い、不正リスクの回避を支援
  • 申請書の項目追加・変更、会社ごとの語彙など顧客ごとにカスタマイズ可能
  • オンプレミスもクラウドどちらにも対応なハイブリッド構成

主要機能

  • 立替経費、国内海外出張、支払依頼など様々な経費に対応
  • 事前申請・仮払い申請対応
  • 日本企業特有の複雑な経理規程に対応可能な柔軟な日当、宿泊費計算
  • 会社をまたぐマスタ管理や承認フロー、グループ一括の承認、支払処理、FBデータの作成
  • タイムスタンプサービスによる電子帳簿保存法対応(e文書法)や、監査対応として各種データの保存や参照が可能
  • 自動仕訳システム「Ci*X Journalizer」により様々な会計システムとの連携が可能

自動仕訳システム「Ci*X Journalizer」

ノンプログラミングで、様々な形式のトランザクションデータからあらゆる仕訳を作成することが可能です。独自のインメモリ処理により高速な仕訳処理を実現します。

特徴

  • ノンプログラミングにより周辺システムとの連携を実現
  • 会計システムへの仕訳連携だけでなく、マスタ連携や周辺システムへのデータ出力もカバー
  • IFRS適用における複数会計基準に対応、目的別に複数帳簿を保持するケースにも対応
  • 元データと作成された仕訳データの関連を保持することで、仕訳データから元データへのドリルスルーが可能