電力不足が働き方を変える〜様々な方法が考えられる労働時間管理〜

ご挨拶

弊社では、この度標題のセミナーを開催させていただく運びとなりましたのでご案内申し上げます。

今夏の電力供給不足に対応する節電対策の一環として、企業では仕事のやり方や働き方を変える動きがあります。本セミナーでは、様々な方法がある労働時間管理について、どのような方法があるか、そして実務への導入や運用時のポイントについてわかりやすく解説します。
また、多様な雇用形態の従業員を1つのシステムで管理可能な人事・給与・就業システムパッケージ「POSITIVE」の機能について、デモンストレーションを交えながらご紹介いたします。

ご多用の折とは存じますが、皆様のご出席を心よりお待ち申し上げます。

たくさんのお申込み並びにご参加、ありがとうございました。

開催概要

  • 参加費用

    無料 (事前申込が必要となります。)

  • 対象
    人事・総務・システム・経営企画部門および関連業務に携われている方
    • 競合各社様はご参加頂けない場合がございますので、ご了承下さい。
  • 主催

    株式会社電通国際情報サービス

東京

定員:50名
時間:14:30〜17:00(受付開始14:10〜)
開催日
2011年5月31日(火)
会場
電通国際情報サービス 本社セミナールーム
(東京都港区港南2-17-1)
周辺地図 別ウィンドウで開きます

プログラム

14:30〜14:40

ご挨拶/弊社ご紹介

株式会社電通国際情報サービス

14:40〜15:50
(基調講演)

電力不足が働き方を変える
〜様々な方法が考えられる労働時間管理〜

CSR労務管理コンサルタント/労働法コンプライアンスコンサルタント/
社会保険労務士/産業カウンセラー
奥村 禮司氏

37年ぶりの電力使用制限令により、今夏、使用電力の一部削減が求められます。そこで、大手企業では、夏季休日を増やし、代わりに他の季節の休日や祝祭日などを出勤させる方法などを考えています。
使用電力を減らす一番の方法は、休日を増やすことですが、単純に休日を増やせば当然労働時間も減ってしまいます。では、労働時間を減らすことなく、休日が増え、割増賃金も発生しない方法があったとしたらどうでしょうか?
労働時間管理には、様々な方法があります。本セッションでは、そのような様々な労働時間管理についてご紹介するとともに、実務への導入、実務での運用についてのポイントをわかりやすく解説します。

奥村禮司氏略歴

新事業創造育成実務集団代表、社会保険労務士、CSR労務管理コンサルタント、労働法コンプライアンスコンサルタント。上場企業や外資系企業など多数の企業の顧問として、雇用管理・労務管理などの指導、相談に携わる。
また、労働法の講演会や執筆などのほか、産業能率大学総合研究所兼任講師、株式会社きんざいの講師としても活躍している。

15:50〜16:00

休憩

16:00〜17:00

人事・給与・就業システムパッケージ「POSITIVE」のご紹介

株式会社電通国際情報サービス

POSITIVE 最新バージョン(Ver4.1) 2011年5月リリース!

「POSITIVE」は、累計2,000社を超える導入実績をもつ全面Web対応の人事・給与・就業パッケージです。人事・給与・就業管理だけでなく、人材育成支援やグループ会社管理など、人事関連業務のあらゆる機能を網羅しています。
本セッションでは、「POSITIVE」の製品概要に加えて、2011年5月リリースの最新バージョンの内容をご紹介します。最新バージョンでは、勤務シフト作成にかかる負荷を軽減する勤務シフト簡単作成機能や、戦略的人材マネジメントをより強力に支援する人材情報を視覚的に表示するグラフ機能、IFRS(国際財務報告基準)で規定されている有給休暇引当金の計上業務を支援する帳票などを新たに追加しています。ご評価いただいているポイントを中心に、実際の画面を使ったデモンストレーション形式でご紹介いたします。

  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承下さい。

お申込み

セミナーのお申込み受付は終了いたしました。
多数のお申込みを頂き、ありがとうございました。

お問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 セミナー事務局「統合人事ソリューションセミナー」係
TEL 03-6713-7100