日立トリプルウィン株式会社様

給与計算アウトソーシングサービスの事業拡大を全面Web対応の「POSITIVE」が強力にサポート

日立トリプルウィン株式会社様は、日立グループの一員として培った豊富なノウハウ、実務経験、専門知識を活かして、給与・福利や経理・出納業務などのアウトソーシングを通じ、コンサルティング型の質の高いサービスを幅広く提供しています。同社は、新サービス(成長企業向け給与計算アウトソーシングサービス)の提供にあたって、給与計算処理エンジンに全面Web対応の「POSITIVE」を採用。中小企業向けサービスの料金設定に耐えうるシステムコストで事業化に成功しました。

業種 アウトソーシングサービス事業
導入パッケージ POSITIVE (統合HCMソリューション)

導入背景

低価格でサービス提供できる給与計算システムが必要に

日本の就労人口のうち、約47%にあたる約3,000万人は中小企業に勤めています。アウトソーシング事業を展開する日立トリプルウィン株式会社様が中期計画策定時に注目したのは、この層の給与計算事務でした。給与・福利事業部長の余田隆夫氏は次のように語ります。

中小企業向けアウトソーシングとしては、情報システム、税務・会計、人材確保などのサービスがある程度で、給与計算業務を受託するアウトソーサーはほとんどいないのが現状です。ただ、給与計算も外に切り出して、本業に特化したいという潜在的なニーズはあるはず。そこで中期計画に成長企業向け給与計算アウトソーシングの事業化を盛り込みました

ただし、各社に合わせて給与計算システムを構築するとシステムコストがかかりすぎ、中小企業向けサービスとしての事業を成立させることは困難です。 そこで同社は、低価格でのサービス提供を実現できる給与計算パッケージの導入を検討しました。

選定のポイント

ビジネスパートナーとしての信頼感と豊富な実績が決め手に

日立トリプルウィン株式会社様は、2006年10月から中小企業向けの給与計算業務受託の実現に向けて検討を重ねました。同社では通常、原価計算からサービス料金を決定しますが、この新サービスに関しては、マーケティングにもとづいて安価な料金を先に設定。それを実現できる給与計算パッケージを探した結果、統合人事パッケージの「POSITIVE」にたどりつきました。余田氏は選定の理由を次のように語ります。

アウトソーシング事業では、人事制度が異なる複数企業の給与計算をする必要がありますが、『POSITIVE』は一つのDB(データベース)で複数企業・複数制度のサポートが可能。また40,000名分の給与計算を9分台という圧倒的なスピードで処理する高いシステムパフォーマンスも大きな魅力でした

それらに加えて、ユーザー企業が利用しやすい全面Web対応の開放型パッケージであったこと、豊富な実績や電通国際情報サービス(以下ISID)の対応にビジネスパートナーとしての信頼感があったことが選定の決め手になったといいます。

導入システムイメージ

全面Web対応の特長を活かし、ユーザー向けWebサービスも

新サービスでは、高いセキュリティレベルを実現した日立グループのデータセンターに、「POSITIVE」をコアとした人事給与システムを構築。日立トリプルウィン株式会社様が給与・賞与の計算や個人情報管理、通勤費情報管理、住民税や社会保険処理などの事務を受託します。ユーザー企業は、インターネット経由でEXCELデータや帳票のダウンロード、人事情報の閲覧も可能です。こうした機能をユーザー企業に提供できるのも、全面Web対応である「POSITIVE」のメリットでしょう。

導入システムイメージ(人事給与システム)

今後の展開

2007年10月からいよいよ新サービスを開始

日立トリプルウィン株式会社様は、中小企業の成長戦略をサポートしたいという思いを込めて、新サービスをグローアシスト給与計算 別ウィンドウで開きますと名付けました。現在はサービス開始に向けた開発の最終段階です。

ISIDさんには、弊社と一体となって構築をサポートしていただいています。とくに営業やSEの方の素早い対応には助けられたところも多い。これからもビジネスパートナーとしての信頼感を持って、新ビジネスを大きく強くサポートしてもらえれば有難いですねと語る余田氏。その表情からは、同社がISIDに寄せる期待の大きさがうかがえます。

日立トリプルウィン株式会社様とISIDは、今回「POSITIVE」をご採用いただいたことをきっかけとして、ビジネスパートナーとして協業していきます。今後、給与計算関連アウトソーシングサービスのさらなる充実を視野に入れている日立トリプルウィン株式会社様。ISIDの「POSITIVE」をコアとした人事給与ソリューションビジネスとの強力なタッグで、新しいビジネスモデル、サービスを提供していく予定です。

日立トリプルウィン株式会社様

日立トリプルウィン株式会社様は、「お客様」、「弊社」、「社員」の3者が共に等しく満足を得る「トリプルウィン」の関係の樹立を経営目標の中心に据え、高水準のアウトソーシングサービス事業を展開しています。日立グループで培った豊富なビジネスモデルとノウハウ、さらに外部の専門サービス会社やコンサルタントとの幅広いアライアンスによって、顧客のニーズに最適なサービスを提供しています。

  • 商号
    日立トリプルウィン株式会社
  • 本社
    東京都港区西新橋3-7-1 ランディック第2新橋ビル
  • 設立
    2000年2月2日
  • 資本金
    5千万円
  • URL
  • 2009年4月1日現在
  • このサイトに記載されている社名・商品名・サービス名等は、それぞれの各社の商標または登録商標です。
  • 本事例中に記載の部署名や役職名、数値、固有名詞等は掲載当時のものであり、変更されている可能性があることをご了承ください。