ISID、バックテックの高ストレス対策・労働生産性向上支援ツール「ポケットセラピスト」の新サービス開発に技術協力
~AIを活用した姿勢推定技術とエラーレスラーニングに関する知見を提供~

2022年04月25日

  • お知らせ
  • プロジェクト

ISIDは、株式会社バックテック(本社:京都府京都市、代表取締役:福谷直人 以下 バックテック)が開発・提供する高ストレス対策・労働生産性向上支援ツール「ポケットセラピスト」向けに、AIを活用した姿勢推定技術※1とエラーレスラーニング※2に関するISIDの知見を生かした技術協力を行います。

バックテックが提供するポケットセラピストは、肩こり・腰痛対策を切り口とした労働生産性向上ICTソリューションです。肩こり・腰痛の症状を独自のアルゴリズムにより判定し、最適な対策提案や運動状況・効果を見える化することが可能であるほか、医療の国家資格をもったセラピストの相談を受けることができるサービスです。
今回ISIDとバックテックの両社は、ユーザーの運動継続性を高めることを目的に、ポケットセラピストの新たなサービス開発に取り組みます。ポケットセラピストユーザーの運動時の動きをカメラでセンシングし、運動中に意識すべきポイントをAIが評価・指導するほか、習熟度分析により、ユーザーが継続しやすいエクササイズ動画の自動レコメンドを行うもので、サービス開発にあたり、ISIDは姿勢推定技術とエラーレスラーニングの知見を提供します。

提供技術について

姿勢推定技術は、一般的な単眼カメラで撮影した動画や画像からディープラーニングを用いた人の骨格と姿勢推定が可能な技術です。エラーレスラーニングは、学習者の習熟度に応じた課題を提供し、学習者の失敗を軽減し成功体験を積み重ねることで、習得効率とモチベーションを⾼めるアプローチです。ISIDでは、身体的動作を伴う技能に対して、このアプローチを応用し、運動習熟度の把握技術と課題設定アルゴリズムの研究開発を進めてきました。
今回の技術協力においてISIDは、自分自身の骨格からAIにより推定された「お手本の動き」と「実際の動き」の差異を可視化し、姿勢情報からユーザーの習熟度を評価、運動難易度を自動調整するアルゴリズムを開発・提供します。

ISIDは、今回の技術協力を機に、バックテックとのヘルスケア領域における協業や事業拡大に向けた取り組みを検討してまいります。

  • 社名株式会社バックテック
  • 代表者代表取締役 福谷 直人
  • 本社京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1
  • 設立2016年4月

 

  • ※1姿勢推定技術:撮影した映像からキーポイントの座標・人体の姿勢を検出する技術。ディープラーニングが使われており、モーションキャプチャ用のマーカーや慣性センサーをといった特殊な機材が不要で、Webカメラ等の一般的なカメラの映像から人体の姿勢検出が可能。
  • ※2エラーレスラーニング:学習方法の一つで、日本語では無誤学習・誤りなし学習とも呼ばれる。失敗をしないように課題や環境調整することで、成功体験を積み重ねながら学習者に技術習得させるアプローチ方法。習熟度に応じたレベルの課題を提供し続けることで、習得効率とモチベーションを⾼めることができる。身体動作の修練・習得が必要となる新人教育やスポーツ、医療のリハビリテーション、伝統芸能の伝承など、あらゆる分野での活用が見込まれており、初心者を対象とした技能の新規獲得に貢献することが期待されている。

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
X(クロス)イノベーション本部 オープンイノベーションラボ

E-mail:g-info-innolab@group.isid.co.jp