ESG投資を代表する株式指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定

2022年04月05日

  • お知らせ
  • 経営・人事

ISIDはこの度、FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexの構成銘柄に選定されました。

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築されたFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、ESG(環境、社会、ガバナンス)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。

ISIDグループは、「誠実を旨とし、テクノロジーの可能性を切り拓く挑戦者として、顧客、生活者、社会の進化と共存に寄与する。」と定めた企業理念のもと、テクノロジーの活用・実装を通して、サステナブルな社会の実現を目指しています。このたびの選定は、これまでのESGへの取り組みと情報開示が評価されたことによるものです。
※ISIDグループのサステナビリティについてはこちらをご覧ください。

ISIDグループは今後も、サステナブルな社会の実現に向け、企業と社会の課題解決に貢献するソリューションの創出、ならびに価値の提供に一層の努力を重ねてまいります。

※FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここにISIDが第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。
※FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexの詳細についてはこちらのサイトをご覧ください。

 

お問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 金野、赤瀬

TEL:03-6713-6100

Webからのお問い合わせ