AIによる因果分析サービス「CALC 4.0」をリリース

2021年10月27日

  • お知らせ
  • 製品・サービス

ISIDは、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野宏明、以下ソニーCSL)およびクウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉隆彦、以下クウジット)と3社共同で事業展開する人工知能(AI)技術による因果分析サービス「CALC(カルク)」に新機能を搭載した「CALC 4.0」の提供を本日より開始します。

CALCは、従来の解析手法では推定が難しいデータ内関係因子における直接的な要因・原因を抽出することが可能な技術で、これまでに、製造業、金融業、サービス業をはじめソニーグループ各社にて活用されてきました。最新版では、シミュレーションにより推測された要因に対策を打つ(介入する)場合、結果がどう変わり、どのような副次効果があるかを示す機能を実装しました。これにより、介入による結果の改善度合いと、副次効果を同時に検証できるため、より効果的・効率的な意思決定が可能となります。

今回の最新版では、以下の機能が追加されています。
・介入時の副次効果のシミュレーション機能
・因果モデルの推定に専門家の知見を反映する機能
・データの関係を可視化する機能

また同時に、ユーザー向けe-ラーニングサービス(有償)を開始します。

図:CALC 4.0の「介入時の副次効果シミュレーション機能」のイメージ

3社は今後、CALCのさらなる機能拡充を図り、幅広い領域でAIの実務適用を加速させることにより、顧客企業や社会の課題解決に貢献してまいります。

展示会のお知らせ

CALCはソニーCSLが開発した独自のAI技術です。従来の解析手法では推定が難しいデータ内関係因子の直接的な相関が明瞭になり、経営上の選択肢を明確化できるため、より確度の高い意思決定を行うことができるようになります。CALC は、過去数年間にソニーグループのエレクトロニクス、金融、エンタテイメントなどの広範な事業分野において、製造、設計、マーケティング、サービスなどの分析に適用、その有効性を実証しており、その後、2016 年度よりISID、ソニーCSL、クウジットの3 社で、製造業やサービス業などの顧客企業においてデータ分析に適用し、解析サービスとしての導入実績を積み重ねています。

 

 

  • CALCはソニー株式会社の登録商標です。

参考資料

関連プレスリリース