「Wrike Enterpriseプラン」の2か月間無償提供を通じて、企業のテレワーク推進を支援

2020年04月27日

  • お知らせ
  • 製品・サービス

ISIDは、Wrike Japan(ライク ジャパン)株式会社が提供する、ワークマネジメントプラットフォーム「Wrike」のEnterpriseプランを、本日2020年4月27日より期間限定で無償提供いたします。

ISIDは、2019年5月に米国Wrike, Incと戦略パートナーシップ契約を締結しました。Wrikeの販売や導入に加え、ISID独自ソリューション「iQUAVIS-Wrike」の提供を開始するなど、Wrikeを活用した企業の円滑なワークマネジメントに貢献してまいりました。

このたびWrike Japanは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワーク、リモートワークの支援の一環として、高度なセキュリティと管理機能を備えた包括的なソリューションとして幅広い機能を備えた「Wrike Enterpriseプラン」の無償提供を開始しました。ISIDもWrike Japanの趣旨に賛同し、本日2020年4月27日より当社Webサイトを通じて、「Wrike Enterpriseプラン」の申し込み受付を開始します。

本無償提供をご希望の方はこちら

参考資料

Wrikeについて

Wrikeは、エンタープライズレベルに対応する柔軟なワークマネジメントプラットフォームです。 チームやユースケースに合わせて簡単に構成し作業の進め方を変えることができます。 Wrikeの豊富な機能を備えたプラットフォームにより、組織はデジタルワークフローを制御できるため、最も重要な作業に集中し、ビジネスの成長を加速することができます。 Wrikeは米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、Google、ティファニー&Co.などを含め20,000以上の顧客を持ち、140か国、200万人以上のユーザーの大規模なプロジェクトの計画、管理、および完了を支援しています。また、日本国内においては900社以上に導入されています。

関連プレスリリース