OGC(AI・ロボット分科会)と会津大学が連携協定を締結

2018年06月04日

  • お知らせ
  • プロジェクト

ISIDが参画する一般社団法人オープンガバメント・コンソーシアム(OGC)が、ロボット技術、AI、IoTの利活用により「人とロボットの共生」を目指して、地域貢献及び産業技術の振興に寄与することを目的に、会津大学と連携協定(覚書)を締結しました。この協定に基づき、OGCのAI・ロボット分科会と会津大学は、2018年度内に同学の「先端ICTラボ」(略称・LICTiA=リクティア)内で、IoTプラットフォームと最先端のロボット技術を融合した実証実験を実施することを計画しています。ISIDは、5月30日付で発表した「マルチロボットプラットフォーム開発プロジェクト」の一環として、本実証実験に取り組んでいきます。

OGCによる報道発表はこちらをご覧ください

「マルチロボットプラットフォーム開発プロジェクト」に関する報道発表はこちらをご覧ください