CLOUDiS/IaaSがクラウドセキュリティの国際認証を取得

2018年04月19日

  • お知らせ
  • 製品・サービス

ISIDは、クラウド基盤サービス「CLOUDiS/IaaS」の運用保守業務において、クラウドサービスに関する情報セキュリティ管理策の国際規格である「ISO/IEC 27017:2015」の認証を2018年3月27日付で取得しました。当認証を取得したサービスは、「STRAVIS PAS」「POSITIVE/STAFFBRAIN on CLOUDiS」(いずれも2017年11月6日付で認証取得済)に続き3つ目となります。

CLOUDiS/IaaSは、ISIDが独自に構築したプライベートクラウド基盤サービスで、多様なネットワーク接続方式を備えています。よりセキュアに、かつ高い信頼性のサービスをご利用いただくため、情報セキュリティ管理策の整備や運用などを継続的に強化しており、今般の認証を取得することとなりました。ISIDは今後もクラウドサービスを安心・安全に利用できる環境づくりに努め、クラウドのさらなる活用を促進し、顧客企業と社会の発展に貢献してまいります。

ISO/IEC 27017:2015 認証概要

  • 登録事業者株式会社電通国際情報サービス
  • 認証規格ISO/IEC 27017:2015
  • 認証取得日2018年3月27日
  • 認定機関JASANZ(Joint Accrediation System of Australian and NewZealand /オーストラリア-ニュージーランド合同認定機関)
  • 対象サービスCLOUDiS/IaaS運営に係わる運用・保守業務

「CLOUDiS/IaaS」のサービス詳細についてはこちらをご覧ください。

「STRAVIS PAS」「POSITIVE/STAFFBRAIN on CLOUDiS」の認証概要についてはこちらをご覧ください。