4月6~8日開催の『御殿山さくらまつり2018』に出展

2018年03月26日

  • お知らせ
  • プロジェクト

ISIDのオープンイノベーションラボ(イノラボ)は、2018年4月6日(金)から8日(日)まで御殿山トラストシティ(東京都品川区)で開催される『御殿山さくらまつり2018』に出展します。

このイベントは、品川・御殿山エリア周辺の様々な企業・団体が協力し、エリア活性化を推進するため組成された「御殿山エリアマネジメント実行委員会」が主催するイベントです。森トラスト株式会社、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、原美術館などと共に、ISIDも同委員会の一員として参加しています。

期間中は、「未来が、開花する。」をコンセプトに、御殿山の持つ江戸情緒と、最先端のアートや技術を融合したコンテンツが数多く出展します。イノラボからは、最先端AR技術を駆使した「Interactive AR Theater(以下iART)さくらまつりver.」と「浮世絵さくら道中」を出展予定です。

出展コンテンツの概要

iART さくらの刻 ~さくら舞い散る妖精の世界へアナタをいざないます~

iARTは人間の自然な動作と3Dデータモデルとのインタラクションにより、街の中に劇場AR空間を創り出します。今回は、過去の出展で大好評を博した、人の顔をリアルタイムで3D検出し自分の顔の妖精をうみだすコンテンツを、さくらまつりver.にリニューアルし出展します。妖精とコミュニケーションをとったり、スマートフォンに入れて持ち帰ったりすることも可能ですので、ぜひ一度体験してみてください。

浮世絵さくら道中

最新の深度センサーを用いて、来場者を浮世絵の中にタイムスリップさせます!浮世絵の世界にさくらの花が降り積もり、来場者が動くことで降り積もったさくらが舞います。最新のセンサー技術を利用したAR空間をお楽しみください。

Holo射撃 ~SAKURA~

物理的な環境とホログラムを重ね合わせ、複合現実(MR)を体験できるマイクロソフトのホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」。Holo射撃はHoloLens上で美しい桜のホログラムを鑑賞しながら体験する、シューティングゲームです。来場者間でスコアを競うことができます。HoloLensのことをご存知でない方や触ったことのない方も、ぜひこの機会にHoloLensが映し出す世界を体験ください。

  • 開催日時2018年4月6日(金) 11:00~20:00、7日(土) 11:00~20:00、8日(日) 11:00~16:00    ※一部コンテンツは20時まで開催
  • 費用入場無料
  • 会場御殿山トラストシティ、東京マリオットホテル、原美術館 他
  • 主催御殿山エリアマネジメント実行委員会
  • 実行委員会参加団体:森トラスト株式会社、御殿山町会、東京マリオットホテル、 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所、株式会社電通国際情報サービス、 学校法人品川女子学院、学校法人清泉女子大学、キリスト品川教会、 積水ハウス株式会社、原美術館 他

「御殿山エリアマネジメント実行委員会」参加企業として

「御殿山エリアマネジメント実行委員会」は、東京の国際的な玄関口として発展が期待される品川エリアの中でも、独自の歴史・文化を育んできた「御殿山」の魅力を日本国内、さらには世界に向けて発信することを目指す組織として御殿山エリア周辺の美術館・研究所・学校・企業等を中心に発足しました。ISIDのイノラボは、テクノロジーを活用して街や地域の活性化を図る研究開発の経験と知見を生かし、実行委員会企業の一員として、御殿山の魅力を世界に発信していく力になることを目指しています。