書きそんじハガキキャンペーン2018がスタート!

2018年01月18日

  • お知らせ
  • その他

本年も発展途上国の教育を支援する「書きそんじハガキキャンペーン」を開始しました。

ISIDでは、電通グループおよびISIDグループ各社とともに、毎年「書きそんじハガキ」を集める「ユネスコ世界寺子屋運動」支援キャンペーンを行っています。未投函の年賀ハガキや郵便ハガキ(書きそんじたものや古いもの)を集めて募金にかえることで、例えばカンボジアでは11枚のハガキでひとりがひと月学校に通うことができます。 未使用の切手やプリペイドカード500円でも同等の支援ができます。 ISIDは、電通グループ各社とともに「ユネスコ世界寺子屋運動」を支援しており、年賀ハガキの時季に合わせて展開するキャンペーン期間中は、ISIDグループ各社にも参加を呼びかけて寄付を募っています。

なお本社ビル受付には専用のハガキ投函ポストを常設していますので、ご来社の際にはどなたでもお気軽に活動にご参加いただけます。

「ユネスコ世界寺子屋運動」は、学校に行くことのできない子どもたちや非識字者へ学ぶ場を提供するために、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が1989年から展開している活動です。

関連リンク