金型工業会60周年記念式典で功労賞を受賞

2017年12月22日

  • お知らせ
  • その他

2017年11月24日(金)に東京・港区で開催された一般社団法人日本金型工業会の創立60周年記念式典において、ISIDは功労賞を受賞しました。

ISIDは、1980年代から独自開発の金型設計支援ツールMold Plannerをはじめとする各種ソリューションを金型メーカー向けに提供しています。また金型工業会の賛助会員としてCAD/CAMのワーキング活動に参画し、CAD/CAMと放電加工機をつなげる業界標準仕様であるEPXフォーマット作成などの企画に携わってきました。毎年行われる金型関連技術発表講演会では最新事例を発表し、顧客企業における導入の知見やノウハウを業界関係者と共有しています。こうした長年にわたる金型業界への貢献が認められ、今回の受賞となりました。

ISIDは今後も、NXやMold Planner等の設計製造支援ツールを活用した業務効率化や、IoTなど最新のテクノロジーを駆使したソリューションの提供を通じて、金型業界および製造業の発展に寄与してまいります。