ISID、経費精算システムCi*X ExpenseにLINE「CLOVA OCR」との連携機能を搭載
~高精度AI文字認識技術で、領収書画像から申請内容を自動設定~

2021年02月15日

  • プレスリリース
  • 製品・サービス

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)は、経費精算システム「Ci*X Expense(サイクロス エクスペンス)」に、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下LINE)のAI-OCRサービス「CLOVA OCR」との連携機能を搭載することをお知らせします。本機能のリリースは2021年4月を予定しています。
「CLOVA OCR」との連携機能により、経費精算業務における領収書の手入力業務の工数を大幅に削減し、業務の効率化を実現します。

 

新機能の概要

Ci*X Expenseは、最新のコンシューマー向けテクノロジーと、ISIDがかねてより強みとするグループ経営管理の知見を融合して開発された経費精算システムです。4月のリリースで搭載する「CLOVA OCR」との連携機能により、領収書をスマートフォン等で撮影し、Ci*X Expenseにアップロードするだけで、経費申請の日付、金額、支払先入力を自動で行うことが可能となります。これにより、企業の経費精算業務における申請時の入力作業の負荷やミスを軽減します。
なお、「CLOVA OCR」は、LINEとのソリューションパートナー契約に基づき、ISIDが提供します。

Ci*X Expense製品詳細はこちら

「CLOVA OCR」について

あらゆる書類や画像をAI-OCR技術により素早くテキスト化するサービスです。「CLOVA OCR」の認識精度は、横書きや縦書きだけでなく、丸く湾曲して書かれた文字や傾いた文字などの悪条件下での読み取り、多言語の認識、専門用語の認識などで高い精度と評価されています。文書解析と認識に関する国際会議(ICDAR)では4分野にて世界No.1を獲得しました。(2019/3/29時点)

CLOVA OCR製品詳細はこちら

 

ご参考資料

Ci*X Expenseは、最新のコンシューマー向けテクノロジーと、ISIDがかねてより強みとするグループ経営管理の知見を融合し、全く新しい設計思想で開発された経費精算システムです。ISIDの次世代開発基盤であるaiuola(アイウォーラ)の採用により、直感的なインターフェースをはじめとする優れたユーザーエクスペリエンスを創出し、ユーザーである社員一人ひとりの働きやすさや生産性向上を支援します。

社会に技術とサービスを提供するLINEのAIテクノロジーブランドです。LINEが提供する、文字認識、画像認識、動画解析、音声合成、音声認識といったAI技術やサービスを通して、生活やビジネスに潜む煩わしさを解消すること、社会機能や生活の質を向上させることで、より便利で豊かな世界をもたらしたいと考えています。AI技術が、人に寄り添い、人をサポートし、人の負担を減らす。「ひとにやさしいAI」は、自然なカタチで生活やビジネスの一部となるような、「これからのあたりまえ」を創出します。

関連プレスリリース

 

  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
グループ経営ソリューション事業部 グループ経営ソリューション営業部 吉野

TEL:03-6713-7101

E-mail:g-cix@group.isid.co.jp

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション部 野瀬、赤瀬

TEL:03-6713-6100

Webからのお問い合わせ