AIによる要因分析サービス「CALC 3.0」をリリース
~因果情報に基づく介入・施策効果をシミュレーションする新機能を搭載~

2019年11月06日

  • プレスリリース
  • 製品・サービス

株式会社電通国際情報サービス

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所

クウジット株式会社

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野 宏明、以下ソニーCSL)およびクウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉 隆彦)は、3社が共同で事業展開する人工知能(AI)技術による要因分析サービス「CALC(カルク)」に新機能を搭載した「CALC 3.0」を本日より提供開始します。

CALCは、従来の解析手法では推定が難しいデータ内関係因子における直接的な要因・原因を抽出することが可能な技術で、最新版では、CALCで推測された要因に、対策を打つ(介入する)場合、結果がどう変わるかをシミュレーションする機能を搭載しています。この新機能により、施策を検討する段階において、打ち手による結果の改善度合いを検証できるなど、効果的・効率的な意思決定が可能となります。

 

図:CALCの新機能と従来機能の違い(イメージ)
上記は単純化したイメージ図・説明であり、実際には多変数のデータより推測を行います。

通常の機械学習では、これまでの事実に基づいて未来の結果を予測しますが、施策によって結果に変化が生じる際に、複雑な項目間の因果関係を把握する必要があるため、予測は困難であることがわかっています。「CALC」は項目間の因果関係を推定できることから、重要な要因に改善策を打った場合、結果にどのような影響が生じるかを、複雑な関係性を加味して定量的に予測できます。

また、上記に加えCALC3.0には、以下の機能が追加されています。

  • 擬似相関※1や間接的関係性の分析機能
  • API※2化によるシステム組み込み・連携機能
  • 解析効率化を支援するUI

3社は今後、CALCのさらなる機能拡充を図り、幅広い領域でAIの実務適用を加速させることにより、顧客企業や社会の課題解決に貢献してまいります。

 

  • ※1 擬似相関:2つの事象に因果関係はないが、第3の要因によって両者の間に相関関係が発生すること。
  • ※2 API:Application Programming Interfaceの略語。ソフトウエア機能の一部を、他のソフトやサービスから簡単に利用できるように、機能の呼び出しやデータの受け渡しなどの手順を定めた仕組みで、プログラムの開発を効率的に行うことが可能となる。

 

セミナーのご案内

以下セミナーにて、CALC 3.0をご紹介します。