ISID、総務省が選ぶ「テレワーク先駆者百選」に選定

2018年11月15日

  • プレスリリース
  • 経営・人事

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、総務省が主催する平成30年度「総務省テレワーク先駆者百選」に選定されました。

テレワーク先駆者百選とは

総務省は、ICT政策の一つとして、時間や場所を有効活用し柔軟な働き方ができるテレワークの導入を推進しています。その一環として、平成27年度から、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」として、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として選定しています。平成30年度は、「テレワーク先駆者」15団体、「テレワーク先駆者百選」36団体が決定、公表されました。

平成30年度 テレワーク先駆者百選の詳細はこちらをご覧ください

ISIDにおけるテレワークの取り組み

ISIDは、2017年7月に設置したワークスタイルイノベーション室が中核となり、働き方改革を推進すべく様々な施策を講じています。テレワークに関しては、2018年1月に既存のテレワーク勤務制度の位置付けを大幅に見直し、生産性の向上や柔軟な働き方の実現を目的として適用範囲を全社員に拡大しました。同時にモバイル機器の貸与やサテライトオフィスの提供など、テレワークに必要な環境の整備も行っています。また、総務省等がテレワークの普及活動として全国一斉実施を呼びかけて実施した「テレワーク・デイズ」や、テレワーク推進フォーラムが主唱するテレワーク普及推進施策「テレワーク月間」にも参加し、テレワークの効果的な活用推進と制度定着に向けた取り組みを進めています。

ISIDは今後も、多様な人材が活躍できる環境づくりを推進し、社のビジョンとして掲げる「人間魅力」のより一層の向上・発揮を目指して、取り組んでまいります。

参考資料

関連プレスリリース

 

  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 岩坂、李

TEL:03-6713-6100

Webからのお問い合わせ