ISID、みずほFGらと連携し福岡のはしご酒イベントにチケットレス・キャッシュレスアプリを提供

2018年10月10日

  • プレスリリース
  • 製品・サービス

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:坂井 辰史、以下みずほFG)、株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、以下みずほFGと総称して<みずほ>)および株式会社Blue Lab(代表取締役社長:山田 大介)が福岡商工会議所と連携して10月31日(水)から実施する「スマートスタジアム構想※1の実現に向けた『なんかせんばはしご酒大会※2』における実証実験」において、一般客が利用するチケットレス・キャッシュレスアプリを、ISIDが提供するバックエンドサービス(BaaS※3)「Facere(ファケレ)」を用いて構築しました。

本実証実験では、福岡市内の3つの地域で行われる飲食イベント「第1回なんかせんばはしご酒大会」において、一般客がスマートフォンでチケットを購入・利用できる仕組みを提供します。「スマートスタジアム構想」における地域活性化ソリューションの一環として、地域向けイベントを対象に、チケットレス・キャッシュレスにおける利便性の向上、チケットレスにて得られる顧客行動情報の利活用およびキャッシュレスにて得られる決済付随情報についての実現性を検証します。

Facereは、スマホアプリやWebアプリの開発・運用に必要となるログイン認証や会員管理などの基本機能や、用途に応じて自由にカスタマイズできるサンプルアプリをGoogle Cloud Platform※4上で提供し、スピーディで効率的なアプリ開発を支援するバックエンドサービスです。(ソリューション詳細はこちらを参照ください。 ) 本実証実験に向けてISIDは、一般客向けのアプリ機能のほか、主催者向け・店舗向けの管理機能、販売・利用実績データの蓄積機能、みずほFGのIoT決済プラットフォームとのデータ連携機能などを、Facereを用いて開発しました。

実証実験の概要

  • 実施日時2018年10月31日(水)~11月15日(木)
  • 実施場所西鉄大橋駅、西鉄井尻駅、西鉄雑餉隈駅周辺の飲食店等 (はしご酒大会の参加店のみ)
  • 対象者はしご酒大会に参加される一般のお客さま
  • (紙チケットかWebアプリ電子チケットのいずれかを選択可能)
  • 実施内容チケット制飲食イベントにおけるWebアプリを用いたチケットレス・キャッシュレス機能の導入
  • 検証内容商店街等が実施する地域活性化イベントにおける
  • ①チケット管理および換金コスト軽減 ②消費者行動のデータ収集

実証実験の詳細は以下を参照ください。
「スマートスタジアム構想の実現に向けた『なんかせんばはしご酒大会』における実証実験について」
(みずほFG、みずほ銀行、Blue Labによる10月10日付報道発表資料)


  • ※1 スマートスタジアム構想:<みずほ>では、先端技術を活用することでスタジアムと観客のつながりを構築し、そのスタジアムを起点とする周辺地域の活性化を目標とした「スマートスタジアム構想」を掲げている。
  • ※2 なんかせんばはしご酒大会:大橋駅~雑餉隈駅界隈で週替わりで開催されるはしご酒イベントの総称。福岡市南区の大橋、井尻、雑餉隈の3つの地域が連携して広域的に実施する飲食イベント。
  • ※3 BaaS:Backend as a Serviceの略。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末向けアプリケーションを開発・運用する際、サーバー側で必要となる様々な機能をインターネット上で提供するクラウドサービス。
  • ※4 Google Cloud Platform の詳細はこちらを参照ください。
  • Google Cloud Platform は、 Google LLC の登録商標です。
  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

 

お問い合わせ先

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李

TEL:03-6713-6100

Webからのお問い合わせ