ISID、米国プレディクトロニクス社への出資を拡大
~IoT/ビッグデータ分野の事業強化に向け、故障予知分析アプリケーション開発を加速~

2017年12月19日

  • プレスリリース
  • 経営・人事

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、Predictronics Corp.(本社:米国オハイオ州、CEO Edzel Lapira、以下 プレディクトロニクス)が行う第三者割当増資を引き受け、同社株式を追加取得しました。これにより、プレディクトロニクスに対するISIDの出資比率は25.8%に拡大し、プレディクトロニクスは当社の関連会社となります。

今回の出資拡大により、プレディクトロニクスが保有する故障予知領域における先進的技術やノウハウを実装した分析アプリケーションの開発を加速させ、本領域における市場優位性をより強固なものとしていく計画です。

プレディクトロニクスは、製品・生産設備の故障の可能性や残寿命期間を高精度に予測する故障予知領域で世界有数の技術を有し、独自のアルゴリズムを活用したコンサルティングサービス、トレーニング、データ分析等のサービスを提供する米国ベンチャー企業です。ISIDは、2013年にプレディクトロニクスと資本・業務提携し、当社が注力するIoT/ビッグデータ分野の主力事業の一つとしてコンサルティングサービスを中心に事業展開を図ってきました。これまで自動車、建機、農機、電機、重工等の30社を超える国内大手製造業で実績を積み重ねています。

IoTやロボティクスなどの先進テクノロジーを活用したものづくりの革新が進む中、製品や生産設備のダウンタイムを極小化する故障予知技術への要求はさらに高まっていくものと考えられます。しかしながら、本領域に特化した分析アプリケーションは有効なアルゴリズムの開発・実装の難易度が高く、世界的にも提供事例が少ないのが現状です。ISIDとプレディクトロニクスは、今回の提携強化を機に、さらに故障予知ソリューションの開発を推し進め、製造業の競争力強化に貢献してまいります。

 

プレディクトロニクス 会社概要

  • 名称Predictronics Corp.
  • 所在地米国オハイオ州
  • 創業者Dr. Jay Lee (シンシナティ大学教授)他
  • 代表者Edzel Lapira, President, CEO
  • 設立年月2012 年 11 月

参考資料

関連プレスリリース

関連記事

 

  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

事業に関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
戦略ビジネス推進本部 荻野

TEL:03-6713-6134

E-mail:g-ims@group.isid.co.jp

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 服部、李

TEL:03-6713-6100

Webからのお問い合わせ