ISID、農業IoT事業のベジタリアに出資

2017年09月08日

  • プレスリリース
  • 経営・人事

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、農業IoT事業を展開するベジタリア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小池 聡、以下ベジタリア)が行う第三者割当増資を引き受け、同社株式を取得しました。

水田センサ「パディウォッチ」

ベジタリアは、最新の植物科学とテクノロジー(Vegetation Science & Technology)を駆使した農業向けソリューションを提供するベンチャー企業です。圃場の環境情報や作物の生育状況を常時モニタリングできるIoTセンサ「フィールドサーバ」や、水田センサ「パディウォッチ」、地図情報をベースに圃場管理や農作業の記録ができるクラウド型営農管理システム「アグリノート」等、先進的な農業IoTソリューションを提供しています。また、植物医科学のスペシャリストである植物医師を擁して、その知見を生かした日本で初めての民間サービス「ベジタリア植物病院®」を開設し、センサデータを活用しながら,生産者をサポートする活動を始めました。さらに、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)」や農林水産省が進める「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)」への参画など、日本における農業ICT活用のパイオニアとして農業分野のイノベーション創出をリードしています。

ISIDは、中期経営計画の基本方針の一つに「新たなビジネス領域の開拓」を掲げ、中でも戦略領域である「IoT/ビッグデータ」分野において、ソリューションやサービスの開発を加速しています。農業分野では、宮崎県綾町と共同でブロックチェーン技術を活用して有機農産品の品質を保証する実証実験を行い、国や自治体など多方面から高い関心が寄せられています。
当社は今後、これらの経験を通して得られた技術やノウハウに、ベジタリアが保有する農業IoT分野における最先端のセンサ技術や革新的なソリューションを組み合わせ、農業IoTプラットフォームの構築や、生育環境等のデータ活用による農機メーカー向けビジネス開発等に取り組み、日本の農業の生産性向上ならびに競争力強化に貢献してまいります。

出資概要、ベジタリアの会社概要は次のとおりです。

出資概要

  • 出資方法ベジタリアの株式を第三者割当増資によりISIDが取得
  • 出資金額499,975,000円
  • 社名ベジタリア株式会社
  • 設立2010年10月22日
  • 所在地東京都渋谷区桜丘町16番1号 セルリアンタワー15階
  • 代表者代表取締役社長 小池 聡
  • 資本金等1,566百万円(2017年8月末時点)
  • 事業内容IoT/M2Mセンサ事業、クラウド・データ解析事業、アプリケーション開発事業、植物科学応用事業、農業生産事業、オーガニック野菜流通小売事業
  • 植物病院® は東京大学の登録商標です。

参考資料

関連プレスリリース

 

  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

出資に関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
戦略ビジネス推進本部 幸坂

TEL:03-6713-6124

E-Mail:g-iot-info@group.isid.co.jp

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 野瀬、籾木

TEL:03-6713-6100

Webからのお問い合わせ