ISID、FinTechベンチャーへ資本参加
~第一弾として、住宅ローン借り換えアプリのMFSに出資~

2015年09月10日

  • プレスリリース
  • プロジェクト

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、日本の金融サービス市場活性化への貢献および金融ソリューション事業の領域拡大を目的として、FinTech(フィンテック)※領域の有望ベンチャー企業に資本参加します。第一弾として、住宅ローン関連サービスを手掛ける株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)が行う第三者割当増資を引受け、本日付で同社株式を取得しました。

背景

ISIDは、かねてより欧米におけるFinTechの潮流や日本の金融ベンチャー企業の動向に着目し、2012年にはFinTech領域に特化したピッチコンテスト「金融イノベーションビジネスカンファレンス(FIBC)」を日本で初めて開催するなど、日本における金融イノベーションの創造と浸透に貢献してきました。昨今、スマートフォンによる決済の仕組みや個人向け資産管理などの新しいサービスが一般に広がり始め、金融とITの融合を目指した規制緩和の動きも顕在化してきたことから、多くの金融機関がベンチャー企業との協業や連携を検討し始めています。こうした動きが本格化し定着することで、従来イノベーションが起こりづらいとされてきた日本の金融サービス市場が活性化し、より利便性の高い金融サービスが生み出されていくと思われます。
このような状況を踏まえ、ISIDはFinTechベンチャー企業支援の次なるステップとして、資本参加を行うこととしました。FIBC開催を通じた「場の提供」に留まらず、有望なベンチャー企業を発掘し投資していくことで、投資先企業の事業成長はもとより、当社の顧客である金融機関との連携を支援し、日本の金融イノベーション促進により一層貢献していく考えです。またこれらの取り組みを、当社の金融ソリューション事業の領域拡大にもつなげてまいります。

MFSへの出資について

今回の出資先であるMFSは、住宅ローン領域に特化したベンチャー企業で、全国120行の住宅ローンの中から借り換えメリットが高いものを簡単に選べるスマホアプリ「モゲチェック」を提供しています。ISIDは、サービスの新規性やユーザーにもたらす高い利便性、さらに新規サービス展開への可能性を評価し、出資を決定しました。

 

出資概要

  • 出資方法MFSの株式を第三者割当増資によりISIDが取得
  • 出資日2015年9月10日

MFS会社概要

  • 会社名株式会社MFS
  • 代表者代表取締役CEO 中山田 明
  • 設立2009年7月
  • 所在地東京都千代田区永田町2-17-17 アイオス永田町402号
  • 役職員数3名
  • 事業概要住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」を通じた住宅ローンのマーケティングプラットフォームの提供
  • URLhttp://www.mortgagefss.jp/

 

  • FinTech(フィンテック):FinanceとTechnologyを組み合わせた造語で、金融とITの融合によるイノベーションや、その実現を目指すスタートアップを指す。FinTech領域のベンチャー投資額はグローバルで拡大しており、日本でも昨今注目が集まっている。

ご参考資料

関連プレスリリース

  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

事業に関するお問い合わせ先

株式会社電通国際情報サービス  グローバルビジネス開発本部  飯田
TEL:03-6713-6120    E-mail:g-investment-info@group.isid.co.jp

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション室 広報担当 李
TEL:03-6713-6100 E-mail:g-pr@isid.co.jp