Career Step

目指すべき人材像

「市場で認められるプロになれ」
この言葉は、社員一人ひとりに対するISIDの考え方を表しています。社内でのみ評価される人材は、真の意味でのプロフェッショナルとは言えません。お客様を含めた市場全体から認められ、社外においても高い評価を得られる人材こそ、ISIDの考えるプロフェッショナルです。プロとしてやり甲斐を持てる仕事、プロであることを実感できる手厚い処遇、そしてキャリアを自ら選択でき、自己成長・自己実現・自己革新をサポートするための諸制度など、ISIDは社員がプロフェッショナルとなるための様々な「場」を提供しています。

キャリアステップ

キャリアステップを踏んでいく上で重要なことは、自分自身で主体的にキャリアを考えていくという姿勢です。目指すプロフェッショナルの姿は一つではありません 。ISIDでは、どのような過程を経て自身のキャリアを形成していくのかを自ら考え、選択し、描いていくことが求められます。下記のチャートは、自己のキャリアを確立する過程で経験しうる様々な「役割」を、横軸に専門性の分化、縦軸にスキルの向上と専門領域の拡大を置いて表現しています。ISIDの評価制度は専門性と達成した成果を適正に評価処遇することを目指しています。したがって、キャリアステップを踏んでいく際の基準は年次ではなく、社員個々の成果や専門性となっています。

教育理念

高度なプロフェッショナル集団を目指す上で、「人」と「組織」の成長を教育面から最大限にバックアップしています。ISIDは、企業ビジョンに「HUMANOLOGY for the future 人とテクノロジーで、その先をつくる」を掲げています。これを現実のものとしていくには、「人」つまり社員一人ひとりが個人の能力を磨き、それをチームプレーによってさらに何倍にも高めることが必要です。能力開発には、何よりも自己成長の意欲を持って多くの業務を経験することが大切ですが、その基礎となる知識・スキルを研修でしっかりと身に付けることも非常に重要です。社員一人ひとりが、自ら選択したキャリアステップを経て市場価値の高いプロフェッショナルになっていくためのサポートとして、さまざまな研修プログラムを用意しています。

研修制度

研修体系

組織の中でプロフェッショナルとして成長していくためには、担当業務での専門能力やスキルを伸ばすとともに、ビジネス基礎能力やマネジメント能力等もバランスよく習得していくことが重要と考え、この考えに基づいた教育プログラムを準備しています。昨年度の研修体系は下記チャートの通りです。幾つかの研修内容について、次項に詳細をご紹介します。

新入社員研修

ビジネスパーソンとしての考え方、行動を身につけると同時に、最低限必要なITスキルを体験的に習得します。ISIDは、「若手社員の早期戦力化」を教育制度における最重要テーマとして取り組んでいます。
新入社員研修は、そのための第一歩となる極めて重要な研修です。具体的には、ビジネスパーソンとして求られるビジネスマナーに始まり、プレゼンテーションやITスキルの基礎(アルゴリズム、Javaプログラミングなど)、ISIDグループ各社による合同研修などが主なプログラムとなります。また、新入社員研修期間中は、新入社員に対して先輩社員がメンター(相談者・助言者)として付くことで、部門や世代を超えた人的交流を促進する「メンター制度」が用意されています。メンター社員との交流を通していち早く会社に慣れるとともに、組織風土・文化の理解を支援します。

ビジネススキルアップセミナー

ISIDでは、各自の業務遂行スキルの向上を目指して、数多くの研修プログラムを用意しています。全職種共通の「ビジネス基礎スキル」、システム開発に必要な「開発技術スキル」、プロジェクトマネージャーに求められる「プロジェクトマネジメントスキル」に大別される数多くのコースを年間通じて開催しており、希望者は自由に受講することができます。

若手社員向け研修

プロフェッショナル人材に必要な共通スキルを若手のうちに身に付けるための研修プログラムを用意しています。具体的には、入社後3年間にわたり「論理思考力」「問題解決力」といった、思考力を強化するための研修と、「マーケティング」や「財務」といった、ビジネス基礎知識習得のための研修を全員受講必須としています。

自己啓発プログラム

自己啓発意欲の高い社員に対し、金銭的な支援を行うプログラムです。ビジネススクールや英会話学校への通学、通信教育受講援助が代表的なものです。各種資格取得やセミナー受講については、社が業務上必要と認定した場合、会社が受験料、受講料を負担します。

グローバル人財育成プログラム

グローバルトレーニー制度

海外での実務経験を積む機会を提供するために、海外の顧客先や海外現地法人に社員を派遣するプログラムです。

グローバルIT研修

グローバルなビジネスマインドの醸成や英語力の向上、ITスキルの強化を目的として、IT先進国インドにおいて実施する短期研修です。

社内英会話教室

社内で就業時間中に週1回50分の英会話レッスンを受講することができるプログラムです。 また、Skypeによるオンラインレッスンも導入しています。

留職プログラム

異文化環境下でも最後までやりきれる力やリーダーシップを身につけることを目的に、社員を新興国のNPO等へ派遣し、ITスキルを活かして現地の人々とともに社会課題の解決に挑むという海外派遣型の短期研修です。