We are ISID

I’m a Project Manager Ryota.K 金融ソリューション事業部
技術職 2014年入社

就職の際、ISIDを選んだ理由を教えてください。

元々、ISIDのことはよく知らず、たまたま空き時間に説明会が開催されていたので参加した~程度でした。しかし、説明会後の座談会でお話した社員さんが、質問すればするほど日々イキイキと働いていることが感じられ、私もそんな風にISIDで働きたいと強く思いました。帰ってからさらに色々調べて、電通との仕事だけではなく、様々な顧客にチャネルを持っていること、新しい領域に挑戦できる風土があることを知りました。
ありがたいことにISID含め数社から内定をいただき悩みましたが、座談会で感じた「自分もISIDでイキイキと働きたい!!」と思った気持ちが決め手となり入社を決めました。

現在とこれまでに経験した役割について教えてください。

新入社員研修を経て配属後、技術職として様々な役割を担当しています。比較的規模の大きいプロジェクトで、プログラマー、エンジニア、3年目頃からは開発チームのリーダーも経験しました。
現在は主にプロジェクトマネージャーとして顧客とのやり取りの中心に立ち、要件の整理やプロジェクトに関する各種調整を行い、円滑にプロジェクトを進めることが役割です。加えて、大規模なシステムを扱うため、テスト推進チームのリーダーも兼ねています。必要があれば一人のエンジニアとして、テストで必要なツール作成もメンバーと一緒に行います。

現在の仕事の内容を教えてください。

金融機関向け為替アルゴトレーディングシステムの海外パッケージ導入支援に従事しています。海外パッケージを導入するにあたり、私たちがお客様と海外ベンダー間の橋渡しをすることで、スムーズなプロジェクト推進、構築するシステムの品質向上に貢献しています。
元々パッケージが持っている機能だけではお客様の業務に合わない部分があるので、カスタマイズが発生します。このカスタマイズについて正確に、開発元である海外ベンダに依頼するため、まずは顧客に要件を確認します。確認した内容(お客様の要望や意図)は、場所や言語に関係なく、認識齟齬の無いように伝える必要があります。また海外ベンダーからも要件に対する質問や実装の仕方の確認があり、私たちはこれにも正確に答える必要があります。もちろん海外ベンダーとのコミュニケーションは英語です。
顧客と要件を詰めるための金融機関の業務知識、英語でのコミュニケーション能力、海外ベンダーと会話するための技術知識と、必要な力が多岐にわたるため学べることが多いです。プロジェクト推進は一筋縄ではいかないので四苦八苦することもありますが、日々成長を感じることができるので、仕事はとても楽しいです。仕事をしていて、お客様から「安心して仕事をお願いできます」という言葉を直接いただくこともあり、日々の業務に対する信頼が得られていることを実感するときは、特にやりがいを感じます。

わたしの一日

8:00

起床

9:00

出社
毎朝、同じコーヒーを買って飲みます。

10:00

朝会
毎朝、プロジェクトメンバー全員で朝会をしています。
全員で昨日の進捗、今日の作業と課題を共有します。

11:30

午後からの顧客打ち合わせに向けて、移動を兼ねて早めのランチ
プロジェクトメンバーと社外でランチすることが多いです。
家族の話、株の話、筋トレの話など、プライベートの話もたくさんします。

12:00
13:00

顧客打ち合わせ
要件確認のために作った資料で顧客に説明。
顧客との対面の打ち合わせは、金融機関ならではの用語や実際の業務を学ぶことができるので、とても勉強になります。

14:30

駅近くのサテライトオフィスにプロジェクトメンバーと移動
打ち合わせで挙がった顧客からの質問や指摘を振り返り、次のアクションと担当を決めます。

15:00

顧客からの質問をJIRAに起票
最近の海外ベンダとのコミュニケーションはほとんどJIRAです。要件や質問はすべて英語で伝えます。
*JIRA:プロジェクト管理ツール

16:00
17:30

退勤
顧客オフィスから直帰します。遅いときもありますが、予定に合わせて柔軟に働いています。

18:00

野球観戦
横浜DeNAベイスターズのファンです。やはり球場でみる野球は最高です。

19:00
20:00
21:30

ほろ酔いで帰宅中、よく飲んでいる会社の先輩、後輩から誘われ1、2杯だけと言いながら合流
会社の繋がりですが仕事の話もそこそこに、皆でケラケラ笑いながら飲んでいます。

22:00
23:00
0:00
1:30

帰宅
1、2杯だけと思っていたはずが、気づけば閉店。
30分くらい歩いて帰宅。

2:00

就寝

写真1 写真2