Benefits

福利厚生

健康保険

ISID社員は、電通健康保険組合に加入しています。怪我や病気の際の給付以外にも、電通健保独自の付加給付や、疾病予防・健康増進のための各種サービスを受けられます。

保養所・施設・旅行会社等

会社や健康保険組合の契約する保養所や施設を格安料金で利用することができます。また、契約旅行代理店が協定している国内の旅館やホテルに宿泊する場合の補助もあります。

スポーツクラブ

健康保険組合の契約するセントラルスポーツ、コナミスポーツ、東急スポーツオアシス、スポーツクラブルネサンス、エスフォルタ、ティップネスなどのスポーツクラブを優待料金で利用できます。

同好会

社員の知的・体力的向上と社員相互の親睦を目的として組織した同好会に対して、会社がその活動を奨励援助する制度です。サッカー、フットサル、テニス、バドミントン、バスケットボール、野球、水泳、スキー、スノーボード、駅伝、ゴルフ、アウトドア活動、写真、ボルダリング、中国語会話、釣り、軽音楽など、現在35団体あり、約700名の社員が何らかの同好会に所属しています。

同好会

部旅行の補助

部署(課・プロジェクト)単位で懇親旅行をする場合に、会社がその費用の一部を補助する制度です。

慶弔金制度

結婚・出産・死亡・傷病・災害時に慶弔金が支給されます。

育児休業

子どもが1歳に達するまで取得できます。保育所に入所できない場合などは最長で2歳まで休業期間を延長可能!その他にも保育所に入所後の慣らし保育期間1カ月は休業期間を延長する制度もあります。

育児休業

育児短時間勤務

所定労働時間(7時間)を30分単位で2時間まで短縮できます。子どもが1歳になるまでは育児時間として有給で別途1時間短縮可能なため、最大で3時間短縮することができます。3歳以降は、小学校を卒業するまでの間、半期単位で最大2年間の短時間勤務が可能。
通算2年以内であれば分割取得もできます。

テレワーク勤務

子どもが小学校を卒業するまでの間、週あたり3営業日まで在宅で勤務することができます。女性は妊娠中にも利用可能。もちろん、育児短時間勤務との併用もできます。

ベビーシッター費用補助

子どもが小学校卒業までの間でベビーシッターサービスを利用する場合は、ベビーシッター利用料について、自己負担額の半額を支給します。

病児・病後児保育費用補助

子どもが小学校卒業までの間、病気になった際の病児・病後児保育利用料について、自己負担額の半額を支給します。

「プラチナくるみん(特例)認定」

ISIDでは、2005年に施行された次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づき行動計画を立て、次世代育成支援に取り組んでいます。社員一人ひとりが、健康で充実した社会生活を送ることができるように、社内の啓蒙活動の一環として社内ホームページを立ち上げたほか、2007年5月には仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組む企業として東京労働局から認定され、「次世代認定マーク(愛称:くるみん)」を取得。2016年3月には、優良な子育てサポート企業として「プラチナくるみん(特例)認定」を受けました。

「えるぼし」認定取得

ISIDでは2016年に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、3カ年(2016年4月1日~2018年3月31日)の行動計画を策定し、より働きやすい職場環境の整備、女性社員のキャリア開発を支援するセミナーや研修の実施、育児・介護等と仕事の両立を支援する制度の拡充等を進めています。2016年9月には女性活躍推進法に基づく優良企業として厚生労働大臣より「えるぼし(2段階目)」の認定を取得しました。

介護休業

要介護状態にある家族を介護する必要があるときに、通算1年間を上限として介護休業を取得できます。

介護短時間勤務

3年間で5回まで、申請した期間の短時間勤務が可能です。時間の短縮は30分単位で2時間まで可能です。

新卒住宅費援助

入社時において採用地拠点の通勤圏外に実家がある新入社員を対象として、住宅費の補助を支給します。
賃貸住宅契約時の一時費用や引越費用も会社が負担します。

借り上げ社宅制度

入社後に転勤した場合は、会社が借り上げた住居に住むことができます。

マッサージ

健康管理室にはマッサージ施術を行うヘルスキーパーが6名います。40分の全身マッサージ、40分の鍼施術、20分のクイックマッサージを選択して受けられます。

マッサージ

その他の福利厚生

生命保険・損害保険、財形貯蓄、住宅融資、 持株会、会員制福利厚生サービス ほか

休暇制度

年次有給休暇

付与された有給休暇は、20日を限度として翌年度に繰り越すことができます。(上限40日)

リサイクル有給休暇

上限の40日を超えた有給休暇については、別途、万が一の病気、怪我の治療・療養に備えて60日を限度として積み立てることができます。(家族の介護にも使用できます)

リフレッシュ休暇

社員の心身のリフレッシュを目的に、年次有給休暇とは別に、勤続年数に応じて5年毎に付与します。勤続10年目以上については、休暇とあわせ「リフレッシュボーナス」を支給します。

勤続年数 休暇付与日数 リフレッシュボーナス
5年目 連続5日間 -
10年目 連続5日間 10万円
15・25・35年目 連続10日間 5万円
20・30年目 連続10日間 10万円

その他の休暇

結婚休暇、出産休暇、妻の出産休暇、服喪休暇、業務傷病休暇、災害休暇、赴任休暇、裁判員休暇、ドナー休暇、生理休暇、子の看護休暇、介護休暇 ほか

「ポジティブ・オフ(POSITIVE OFF)」運動 POSITIVE OFF

ISIDはワーク・ライフ・バランス推進活動の一環として、国土交通省観光庁が、内閣府、厚生労働省、経済産業省と共同で提唱・推進している「ポジティブ・オフ」運動に賛同しています。「ポジティブ・オフ」運動とは、休暇を取得して外出や旅行などを楽しむことを積極的に促進し、休暇(オフ)を前向き(ポジティブ)にとらえて楽しもう、という運動です。社員の豊かなライフスタイルの実現はもとより、オン(仕事)とオフ(休暇)のメリハリをつけることで、社員の心身の健康確保、業績・生産性の向上や創造力 の強化など、長期的な企業価値の向上につながります。また外出・旅行・ボランティアなどオフの活動を通じて、社会・経済の活性化にも貢献すると考えられます。ISIDでは、休暇取得促進のためのポスター掲示や、外出・旅行等をサポートする各種福利厚生制度の周知等の具体的な活動により、休暇を取りやすい環境づくりを推進しています。

社員の健康管理等への取組みも積極的に行っています。

有給休暇の取得促進、今日はここまDAY(定時退社日)の実施、長時間勤務に対する各種対策、産業医、保健師相談、健康診断、各種健康推進事業(歯科検診、予防接種など)、マッサージ、社員相談窓口 ほか