事業概要・強み

事業概要

業界に特化した専門分野のシステムから、あらゆるビジネスに共通する業務システム、そして生活者とのコミュニケーションをデザインするプラットフォームまで。先端のテクノロジーと電通グループの総合力でベストのソリューションを提供し、また次代に向けた新たなサービス開発にも積極的に取り組んでいます。

事業領域

戦略領域

強み

電通とGEから生まれた先進的でユニークなDNA

ISIDは、電通とGEのジョイントベンチャーとして設立されて以来、先進的な情報技術をベースに、アイデアとクリエーティビティを掛け合わせたユニークなIT専門家集団として成長してきました。日本の金融機関や製造業のトップクラスの企業と直接取引し、事業環境の変化に呼応する先進的なITソリューションを提供しています。
世界でも類を見ない特色ある企業間の組み合わせ、そして先進的なビジネス領域へのチャレンジスピリットこそが、ISIDのDNAなのです。

金融、ものづくり、企業経営・・・業務を知りつくしたITのプロ集団

例えば、高速化・複雑化が進む金融の取引市場に対応したアルゴリズムトレード・システムや、金融機関の融資・リスク管理を支えるシステム。グローバル市場で戦う製造業のものづくりを革新する製品開発ソリューション。あらゆる企業の財産である、経営情報や人材情報の活用を支えるソフトウエアやコンサルティングサービス。
専門特化した業務を支えるシステムの構築には、顧客以上に業務を知るスペシャリストの視点が欠かせません。
それぞれの領域に、業務を知りつくし、顧客と対等に向き合えるプロがいる。それがISIDの強みです。

マーケティング×IT 二つの知見が無限大の価値を生む

クラウドも、モバイルも、ソーシャルメディアも、ビッグデータも。今や広告マーケティングの領域に、ITの知見は不可欠です。そして、金融やものづくりなどの業務領域においても、生活者の視点を取り入れるニーズが高まっています。マーケティングとIT 。この両方に大きな強みを持つ企業グループは、世界に電通グループしかありません。
大手消費財メーカーの統合CRMシステムや、銀行のインターネットチャネル強化など、このポジションを最大限に生かしたプロジェクトが、次々と立ち上がっています。

たゆまぬ研究開発で次のビジネスを切り拓く

常に顧客の一歩先を見据え、ニーズに応える新たな価値を生み出すために、私たちは様々な領域で研究開発に取り組んでいます。
あらゆるものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の時代。ISIDは、IoTの普及を加速するセンシングインフラの開発や、ビッグデータを用いて製品・設備の故障を高精度に予測する世界最先端のテクノロジーの提供など、次代に向けたソリューション開拓を進めています。
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けても、いち早く走り始めました。2020年とその先に向けて、様々な企業や自治体で創出される新事業を、マーケティング専任代理店である電通とともにITの力で支えたい。街づくり、観光、映像など、これまで研究開発に取り組んできた分野の知見を結集し、未知の領域に挑戦しています。

7カ国11拠点のネットワークでグローバルな市場開拓に挑戦

ロンドンに最初の海外拠点を作った1986年を皮切りに、2000年までに海外4エリア(北米、欧州、中国、東南アジア)に進出。その後も拠点を拡充し、海外ネットワークは7カ国11拠点にまで広がっています(2016年1月現在)。
メガバンクの海外拠点システムの構築や、現地ならではのニーズに応えて開発した基幹業務システムの提供。さらに電通の海外拠点と協働し、デジタル・マーケティングやCRM領域のソリューションも提供しています。
2014年には、現地企業へISIDのバリューを届けるための専任組織を立ち上げ、新たな市場開拓にも挑戦しています。