コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

当社は、迅速、公正かつ透明性の高い経営を遂行し、健全かつ継続的な成長を図るために、経営環境に応じたコーポレートガバナンスが重要であると認識しています。この基本的な考え方に基づいて、コーポレートガバナンスに関する当社の基本方針を「ISIDコーポレートガバナンス・ポリシー」として定め、取締役会が関連法令の改正や社会的・経済的な事業環境の変化等に応じて適宜見直すことで、より良いコーポレートガバナンスの実現に取り組んでいます。

当社のコーポレートガバナンスの状況については、東京証券取引所の規定に従い、コーポレートガバナンス報告書にて開示しています。

内部統制

当社グループは、「内部統制システムに関する基本方針」を定め、適切な統制のもとで業務執行が行われるよう、内部統制システムの整備・改善とその適切な運用に努めています。
当社グループの内部統制システムに関する基本方針は以下の通りです。

当社の内部統制システムの運用状況の概要については、有価証券報告書に記載しています。
有価証券報告書 掲載ページ:IRライブラリ(有価証券報告書・四半期報告書)

リスク管理

ISIDグループでは、事業活動を行うにあたって想定されるリスクに関する情報を適時かつ組織横断的に集約し、全社的な観点からリスクの重要度に応じた対応を推進することを目的として、統合リスク管理室担当取締役が長を務める「統合リスク管理委員会」を設置しています。
「統合リスク管理委員会」の配下には、専門分科会として「倫理コンプライアンス分科会」、「情報セキュリティ分科会」、「危機管理分科会」があり、各々の分野においてグループ一体となったリスク管理活動を行っています。また、これらの活動を統括・推進する専任部署として「統合リスク管理室」を設置しています。

1. 倫理コンプライアンスの取り組み

ISIDグループが考える倫理コンプライアンスは、単なる法令遵守だけでなく、一社会人として、どんな場面でも良識のある判断力を持ち社会への要請に適切に対応することまでを含みます。この考えに基づき、全役員と社員を対象としたeラーニングやコンプライアンスキャラバン等の社内研修を定期的に実施するなど様々な活動を通じ、「電通グループ行動憲章」およびISIDグループの行動規範である「私たちの行動宣言」の理念の浸透を図っています。
また、各職場だけでは解決が困難な問題や、上司に相談することが必ずしも適切でない場合に備えて、社内外に通報窓口「倫理ヘルプライン」を設け、社員もしくは関係者が直接アクセスできる体制を整備するとともに、窓口担当者の相談対応スキルの向上を目的とした定期的な勉強会や、社内ポスター掲示等による窓口の周知を通じ、内部通報制度の適正な運用を図っています。

2. 情報セキュリティの取り組み

ISIDは、2005年3月に電通グループ会社として、情報セキュリティ管理の国際標準規格である「BS7799」および「ISMS認証基準」のグループ認証を取得しました。その後、認証規格を「BS7799」から「ISO/IEC27001」へ移行し、2017年2月1日現在、ISIDを含む電通グループ会社合計50社が「ISO/IEC27001:2013」および「JISQ27001:2014」(ISO/IEC27001をもとにJIS化した日本国内の規格)認証を取得しています。
情報セキュリティはISIDグループの生命線と捉え、各種規程類やガイドラインを整備、運用するとともに、全役員と社員を対象としたeラーニング等の啓発施策や、各職場での取り組み状況の確認と改善を目的とした社内キャラバンを行うことにより、情報セキュリティ事故の撲滅を図っています。
さらに、近年増加しているサイバー攻撃から社の情報資産を守るため、システム・ネットワークの継続的なセキュリティレベルの向上を図ると共に、全役職員を対象とした標的型攻撃メール訓練を継続的に実施する等、総合的なサイバーセキュリティ対策を鋭意推進しています。

3. 危機管理への取り組み

大地震の発生や重大感染症の流行などの危機発生に備えた初動対応マニュアルと事業継続計画(BCP)を整備するとともに、実働訓練や机上シミュレーションを定期的に実施しています。帰宅困難者対策では、社員のみならず、派遣社員、業務委託社員など、ISIDグループで働く全ての人が一定期間社内に留まることを想定した分量の飲料水、食糧、簡易トイレ等を各拠点で備蓄しています。
また、海外出張者や海外グループ会社に勤務する社員の安全確保を図るため、現地の治安状況などの危険度に応じた出張承認基準の制定、滞在先での注意事項や安全対策を記した「海外安全ハンドブック」の作成、外部コンサルティング会社との連携等を行っています。