経営管理プラットフォームで実現する高度な経理財務アナリティクス

  • 会計
  • 大阪
  • 名古屋
  • 共催株式会社電通国際情報サービス、Tagetik Japan株式会社

開催概要

開催日 時間 定員 会場 参加費用
2019/6/24(月) 15:30~17:30
(15:00受付開始)
30名 ISID 関西支社 セミナールーム 無料
(事前登録制)
2019/6/25(火) 15:30~17:30
(15:00受付開始)
30名 ISID 中部支社 セミナールーム 無料
(事前登録制)

プログラム


市場のビジネスモデルが激しく変化する中で、経理財務部門に求められる役割は大きく変化しています。企業の意思決定には詳細なデータを活用した正確かつ高度なアナリティクスやインサイトが求められる一方で、 業務の効率性や迅速性も求められる時代になっています。
こうした経理財務部門の難しい状況を変革させる経営管理プラットフォームの構築に付いて、先進事例と共にご紹介します。

タイムテーブル 内容
15:30~15:40 ご挨拶
15:40~16:40

「 業績管理分野におけるグローバル企業のCCH Tagetikの活用事例 ~ERPとの連携による高度なデータ活用~ 」

Tagetik Japan 株式会社 ソリューションコンサルタント シニアディレクター  山本 卓

デジタルテクノロジーの進化よって、経営管理システムに求められる要件は単なる計画管理機能や連結管理機能から、“より統合的な経営管理プラットフォームヘ“と拡大しています。先進企業ではこのプラッ トフォームを有効に活用して、経営管理の変革を実現し始めています。
本セッションではダイムラー社をはじめとした、先進的な取り組み事例をもとに、先進の経営管理プラットフォームであるCCH Tagetikが どのような領域で活用できるのか、どのような変革をもたらすのかを解説します。 また、CCH Tagetikの特徴の一つであるERPとのデータ連携、詳細シミュレーションデータを経営分析により良く活用する事例も合わせてご紹介します。

16:40~16:50 休憩
16:50~17:30

「先進的経営管理ソリューションCCH Tagetikのご紹介」

株式会社電通国際情報サービス プロジェクトマネージャー  西村 良一

CCH Tagetikは、独自のデータ構造と、標準装備されたETLやユーザー定義テーブルによる明細レベルのデータ収集・管理によって、より詳細な予算・実績分析や業績管理が可能な経営管理ソリューションです。 グローバルかつ複数事業に 展開するグループ会社を同一プラットフォームで管理することで、全社の経営管理プロセスを統一し、高度な経営管理を実現します。
本セッションではCCH Tagetikが実現する先進的な 経営管理を実機のデモンストレーションを交えて、ご紹介します。

講師紹介

第1部講演

Tagetik Japan株式会社
ソリューションコンサルタント シニアディレクター  山本 卓 氏

リース会社、金融情報会社にて経理部門、情報システム部門に勤務後、監査法人系列のコンサルティングファーム、大手IT企業のコンサル部門を経て、Tagetik Japanに入社。 会計業務のBPR、管理会計制度/システム構築等の コンサルティングを担当した後に、CPMソフトウェア事業を約15年間担当。主なコンサルティングとして、食品会社、流通業、 精密機器、独立行政法人等の多業種にわたる管理会計、経営管理の改革、経営管理システムの構築プロジェクトがある。
「将来予測重視の予算マネジメントセミナー」 「企業研究会セミナー」 「日本大学商学部 寄附講座」等、セミナー講演多数。

  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

 

 

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 セミナー事務局