データ活用で変わる経営管理の未来 ~経営管理プラットフォームで実現する高度なインサイトとアナリティクス~

  • 会計
  • 東京
  • 主催株式会社電通国際情報サービス

開催概要

開催日 時間 定員 会場 参加費用
2018/11/28(水) 14:30~17:30
(14:00受付開始)
100名 ISID本社セミナールーム 無料
(事前登録制)

プログラム

タイムテーブル 内容
14:30~14:40 ご挨拶
14:40~15:30

基調講演 「経理・財務とデジタルテクノロジー(仮)」

日本CFO協会  主任研究委員 デジタルテクノロジー部会 座長  中澤 進 氏

グローバル化の更なる進展の中、グローバル・グループレベルの経営管理の仕組みの整備は待ったなしの状況ですが、働き手の減少も相まって働き方改革へ向けた飛躍的な業務効率アップが求められています。 そのような環境下、劇的に変貌するデジタルテクノロジーを経営管理・業務オペレーションへどのように活用して行くかは重要なビジネス課題です。この対応のため、グローバル連結経営管理に果たす会計情報の 役割と情報の一元管理の考え方について、また、受発注データまで包含した広義の会計情報という考え方が業務オペレーション、経営管理上 如何に有効か、それが最新のデジタルテクノロジーとどのように関連 付けられるか、またその留意点についての方向性を解説します。

15:30~15:40 休憩
15:40~16:30

第2部講演「業務を5分の1に圧縮!経理財務が選ぶ次世代CPMの事例」

Tagetik Japan 株式会社  ソリューションコンサルタント シニアディレクター  山本 卓

2006年上場、デジタル広告分野で急成長し国内外に30以上のグループ企業を展開するアドウェイズ様、グローバル経営基盤を大幅に改革したダイムラー様などの経営管理イノベーションの事例、およびそれを 実現したプラットフォームについて解説します。

16:30~16:40 休憩
16:40~17:30

第3部講演「先進的経営管理ソリューションCCH Tagetikのご紹介」

株式会社電通国際情報サービス  プロジェクトマネージャー 西村 良一

CCH Tagetikは、独自のデータ構造と、標準装備されたETLやユーザー定義テーブルによる明細レベルのデータ収集・管理によって、より詳細な予算・実績分析や業績管理が可能な経営管理ソリューションです。 グローバルかつ複数事業に展開するグループ会社を同一プラットフォームで管理することで、全社の経営管理プロセスを統一し、高度な経営管理を実現します。本セッションではCCH Tagetikが実現する先進的な 経営管理を実機のデモンストレーションを交えて、ご紹介します。

講師紹介

基調講演

日本CFO協会主任研究委員
デジタルテクノロジー部会 座長  中澤 進 氏

1971年日本IBM入社。IBMコンサルティンググループに所属し、製造業、流通業を問わず経理・財務部門の業務改革、管理会計、内部統制分野でのコンサルティング及び会計システムプロジェクトの実績多数。 2002年10月よりIBMビジネスコンサルティングサービス株式会社取締役を経て、2008年2月よりビジネスブレイン太田昭和会計システム研究所所長、中澤会計システム研究所代表、 日本CFO協会主任研究委員も務める。 「ダイヤモンド・ハーバードビジネスレビュー」「日経ビジネス」「CFOFORUM」「旬刊経理情報」等への寄稿、その他「日経ビジネススクール」講師等、セミナー講演多数。

第2部講演

Tagetik Japan株式会社
ソリューションコンサルタント シニアディレクター  山本 卓 氏

リース会社、金融情報会社にて経理部門、情報システム部門に勤務後、監査法人系列のコンサルティングファーム、大手IT企業のコンサル部門を経て、Tagetik Japanに入社。 会計業務のBPR、管理会計制度/システム構築等のコンサルティングを担当した後に、CPMソフトウェア事業を約15年間担当。主なコンサルティングとして、食品会社、流通業、 精密機器、独立行政法人等の多業種にわたる管理会計、経営管理の改革、経営管理システムの構築プロジェクトがある。

  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

 

 

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 セミナー事務局