予算管理クラウド Oracle PBCSセミナー「予測型経営とPDFCAサイクルの実現」

  • 会計
  • 大阪
  • 主催株式会社電通国際情報サービス

開催概要

  • 開催日・会場・定員名古屋:2017/11/14(火) ISID 中部支社セミナールーム 30名
    大阪 :2017/11/15(水) ISID 関西支社セミナールーム 30名
    東京 :2017/11/16(木) ISID 本社セミナールーム   60名
  • 時間各回共通 15:30~17:40(受付開始15:00)
  • 参加費用無料(事前登録制)

プログラム

タイムテーブル 内容
15:30~15:35

ご挨拶

15:35~16:20

「 予測型経営とPDFCAサイクルの実現 」

名古屋講演: 有限責任監査法人トーマツ  シニアマネジャー  桑原 正博 氏
大阪講演:  有限責任監査法人トーマツ  マネジャー  小田 和宏 氏
東京講演:  有限責任監査法人トーマツ  マネジャー  三田村 昌樹 氏

昨今のビジネスの競争環境のスピード化や経済情勢の不確実性の増加に伴い、企業業績をコントロールし、経営の重要な役割を担う予算管理が陳腐化・形骸化しているケースが多くなってきております。 この解決策の一つとして、予測情報を重視した業績管理プロセスの構築が有効であると言われています。そこで、予算編成プロセスの簡素化と業績予測を重視したPDFCAサイクル(Plan-Do-Forecast-Check-Action)の構築について実例を交えて解説します。また、最新の動向として、経営管理プロセスにおけるFinance Analyticsを用いた予測数値の活用についても紹介します。

16:20~16:30

休 憩

16:30~17:30

「 経営管理をクラウドでスモールスタート! ~Oracle PBCSを活用した経営管理・予算管理業務のご紹介~ 」

株式会社電通国際情報サービス  コンサルタント

企業経営を取り巻く環境変化の激しさや不確実性は近年ますます増大しています。このような環境の中で正しい経営判断をするために、経営管理・予算管理業務への要求はより高速化・高度化しています。この実現のためには必要な情報の収集、分析、レポート作成、各部門やグループ会社とのコミュニケーション等、一連の業務を迅速且つ効率的に行う仕組み作りは欠かせません。しかし、現実的には以下のような課題をもたれているケースも多いのではないでしょうか。

<経営管理・予算管理における課題>

  • 膨大なExcelの配布・集計業務、および帳票作成業務に時間を要する
  • 複雑な配賦等のロジックが組み込まれており、ブラックボックス化している
  • PL予算だけになっており、BS/CF予算まで手が回らない
  • 製商品別・地域別・マーケット別等、多面的な予実管理ができていない。 etc...

Oracle社のクラウドサービスPBCS(Planning & Budgeting Cloud Service)を活用してこれらの業務を効率化、さらに高度な経営管理へとレベルアップさせるロードマップを事例を交えてご紹介します。

17:30~17:40

質疑応答

講師紹介

基調講演

東京講演:有限責任監査法人トーマツ
マネジャー 公認会計士
三田村 昌樹 氏

大阪講演:有限責任監査法人トーマツ
マネジャー 公認会計士、SAP認定コンサルタント(FI) 
小田 和宏 氏

名古屋講演:有限責任監査法人トーマツ
シニアマネジャー プロジェクトマネージャ、システム監査技術者
桑原 正博 氏

  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

  • 1.ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で電通国際情報サービスで利用させて頂きます。ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。
  • 2.個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  • 3.個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

 

 

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 セミナー事務局