ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2019 出展のお知らせ

  • セキュリティ
  • 東京

ISIDは、8月5日(月)~7日(水)に開催される「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2019」にて「AppGuard(アップガード)」を紹介します。

「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2019」では展示コーナーにブース出展を行います。また8月6日14時15分から弊社主催のセッションを開催いたします。セッションではANAシステムズ株式会社の阿部恭一様より「ANAグループにおけるセキュリティ対策について」という演目でご講演をいただきます。

[阿部 恭一様 ご講演概要]
年間1億件以上の不正攻撃から業務を守っているANAのセキュリティシステム。過去の歴史からどのように防衛態勢を組み立てたのか、来たるべき脅威に対して何を備えていかなければならないのかをサプライチェーンを含めた全体防衛とともに解説します。

今回ブース出展する「AppGuard」は、従来の 「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レピュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する「OS プロテクト型」の革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。 過去20年以上一度も破られたことはなく、米国の政府機関で長年の実績があります。過去3年連続で GSN(Global Security News) Homeland Security Award を受賞しており、米国陸軍並びにアメリカ 国防省の高いセキュリティ基準を満たしたことを示すCoN 認証も取得済みです。 また、内閣府サイバーセキュリティーセンター(NISC)の「平成30年度政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」準拠製品です。1MB以下の超軽量な防御エンジンで高速に動作し、定義ファイルのアップデートが不要なので、運用負荷の大幅削減に貢献します。

「AppGuard」の製品詳細はこちら

展示ブースにて、「AppGuard」の製品について詳しくご紹介します。ぜひお立ち寄りください。

「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2019」開催概要

 

出展に関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス コミュニケーションIT事業部
AppGuard営業グループ 武田、山本、伊藤