生産管理システム・原価管理システムの選定で悩んでいませんか?
~日本のモノづくりを熟知したAMMIC/Netシリーズのご紹介~

  • ERP
  • 東京
  • 主催株式会社電通国際情報サービス

生産管理、原価管理システムの導入に関して、スクラッチ開発や業界標準のERPパッケージを用いた多くの導入経験を持つ弊社が、日本の製造業に対しシステム選定の新たな選択肢として今お勧めするパッケージはAMMIC/Netシリーズです。
AMMIC Netシリーズは、製造業の中の「業種」に制限はありません。自動車、電子機器、プラスティック加工などの組立加工業のみならず、医薬品、化学品、食品などのプロセスバッチ業やフィルム・ロール品などにも適用可能な汎用性の高いハイブリッド構造のパッケージです。更にハイブリッドな特徴として見込生産、受注生産及び個別受注生産、この2つの「生産方式」に対応しています。
本セミナーでは生産管理、および原価管理ソリューションを中心にデモを交えてご紹介させていただきます。ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催概要

  • 開催日2017/3/16(木)、2017/4/20(木)
  • 時間14:00~17:00 (13:45 受付開始)
  • 定員各回10名
  • 会場電通国際情報サービス 本社
  • 参加費用無料(事前登録制)

プログラム

タイムテーブル 内容
14:00~14:20

『 日本のモノづくりを熟知した「AMMIC/Netシリーズ」をお勧めする5つの理由』

14:20~15:20

『ハイブリッド型生産管理システム「AMMIC/NetP」ご紹介 ~あらゆる業態の製造業様に適合する、機能豊富な生産管理システム~』

「AMMIC/NetP」は、ハイブリッド生産、マルチサイトに対応した生産管理システムで、日本企業のニーズに応える豊富な機能を持っています。すでに化学、製薬、食品、自動車部品、電子部品等、様々な業種のお客様に国内外で広くご利用いただいております。
本セミナーでは、日本発の生産管理システム「AMMIC/NetP」について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

15:20~15:30 休憩
15:30~16:30

『見える化の実現!原価管理システム「AMMIC/NetC」ご紹介 ~製品別実際原価や標準原価差異要因の見える化を実現する、原価管理システム~』

製品のグローバルコスト競争力が求められる中、生産拠点別・製品別に実際原価を把握し、原価低減に向けた原価管理のPDCAサイクルを実現することが重要なポイントとなります。 本セミナーでは、製品別実際原価や標準原価差異要因の見える化を実現し、原価シミュレーション機能を備えた「AMMIC/NetC」について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

16:30-16:50

『AMMIC 共通機能・周辺機能のご紹介』

日本発の生産管理パッケージであるAMMIC/Netシリーズでは、日々変化し複雑化するユーザニーズに対して、高機能な汎用画面とEUC機能をご用意しています。クロス集計画面はユーザが集計単位や分析視点を自由に変更できるAMMICの簡易BIツールです。

16:50~17:00 質疑応答
  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

  • 1.ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で電通国際情報サービスで利用させて頂きます。ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。
  • 2.個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  • 3.個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

 

 

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 セミナー事務局