生産原価管理システム 導入事例セミナー
エスビー食品様の事例に学ぶ!
~変化する市場の動きに素早く対応する生産管理システムとは?~

  • ERP
  • 大阪
  • 主催株式会社電通国際情報サービス

開催概要

プログラム

タイムテーブル 内容
15:00~15:10

ご挨拶

15:10~16:00

【特別講演】エスビー食品  生産原価管理システム構築事例
『エスビー食品が導入したSCM対応型 原価・収益管理とは?』

エスビー食品様では多品種少量生産で利益の出る企業体質の構築を目指しAMMIC/Netシリーズを採用しました。生産管理、原価管理、供給補充を一体化させ、関連会社を含めた複数の工場の管理プロセスを1つに統合化されたシステムを構築することで情報の一元化、連携化、共有化による変化対応力の向上を実現すると共に標準原価、差額管理による原価低減活動のPDCAサイクルを実現しています。 本セッションではエスビー食品様がAMMIC/Netシリーズを選択した背景やプロジェクト推進上のポイントについて、今後の展望を踏まえてご講演いただきます。

エスビー食品株式会社 開発生産グループ 供給部 生産システムユニット マネージャー
磯部 泰宏 様

16:00~16:10 休憩
16:10~17:20

エスビー食品様が採用した生産管理システムとは?
『ハイブリッド型生産管理システム「AMMIC/NetP」ご紹介 ~あらゆる業態の製造業様に適合する、機能豊富な生産管理システム~』

「AMMIC/NetP」は、ハイブリッド生産、マルチサイトに対応した生産管理システムで、日本企業のニーズに応える豊富な機能を持っています。すでに食品、化学、製薬、自動車部品、電子部品等、様々な業種のお客様に国内外で広くご利用いただいております。 本セッションでは、エスビー食品様の生産管理システムの特徴と選択したソリューション詳細についてデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

エスビー食品様が採用した原価管理システムとは?
『見える化の実現!原価管理システム「AMMIC/NetC」ご紹介 製品別実際原価や標準原価差異要因の見える化を実現する、原価管理システム』

製品のグローバルコスト競争力が求められる中、生産拠点別・製品別に実際原価を把握し、原価低減に向けた原価管理のPDCAサイクルを実現することが重要なポイントとなります。 本セッションでは、製品別実際原価や標準原価差異要因の見える化を実現し、原価シミュレーション機能を備えた「AMMIC/NetC」について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 コンサルタント

17:20~17:30 Q&A
  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

  • 1.ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で電通国際情報サービスで利用させて頂きます。ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。
  • 2.個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  • 3.個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

 

 

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 セミナー事務局